自分に合った視力回復法【視力回復に向けたトレーニング方法】

Top >  視力回復に向けたトレーニング方法 >  自分に合った視力回復法

自分に合った視力回復法

視力をなんとかして回復させたいと思っている人の中には、視力回復トレーニングとレーシック手術のどちらを選択しようか迷っている方も多いでしょう。
あるいは、すでに視力回復トレーニングを行っている人の中にも、「レーシックをしていたら、どうなっていただろうか?」とか「もう回復しているのだろうか?それとも手術がうまくいかずに、元の状態のままであろうか?」などと、いろいろ思い悩んだりしているのではないでしょうか?


そのような人達のために、レーシックについて少しご紹介したいと思います。


どの視力回復方法にするかは、個人の自由なのですが、これを参考にして、視力回復トレーニングの良さを再認識していただけたら幸いだと思います。


レーシックとは、レーザーを使った外科手術のことで、正式名称は「レーザー屈折矯正手術」と呼ばれています。
レーシックは欧米では、一般的な治療法として浸透していますが、日本には2000年に厚生労働省が「エキシマレーザー装置」を認可してから、広まっていき始めました。


レーシックは歯科治療においても行われていますが、外科手術の中でも安全性の高い手術です。
目においてのレーシック手術は、目の表面を覆う角膜を少し削って、光の屈折角度調節をすることによって、近視を矯正するという手術です。


レーシックによって、近視になった視力は元通りになり、これまで日常的に使っていたメガネやコンタクトレンズの装用が不要になります。
目の手術は怖いというイメージがありますが、日帰りで済むほど短時間で終了するというメリットがあります。


レーシックで、片目にかかる手術時間は約20分程です。
手術して少し休憩した後に、異常がなければ、帰宅することができます。


手術当日から入浴も可能で、日常生活の上でもなんら支障はありません。
ただし、翌日には必ず再検査があります。


視力回復トレーニングと違って、短時間で視力が回復するというメリットがあります。
しかし、簡単な手術とはいえど、やはり目に手を加えることは、とても恐ろしいことです。


そして、手術する医者側も、いつも100%完璧ということ断言できません。
いつ何が起こるかわからないし、もし自分に限って失敗してしまったらなどと不安に感じるのであれば、地道に視力回復トレーニングをすることをおすすめします。


視力回復トレーニングだと、目を傷つけることもなければ、目の一生を失うということもありえません。
レーシックももちろん、これによって失明するということは、そうそうありませんが、手術するだけに必ずしも絶対にないとも言えません。


視力回復トレーニングとレーシックのメリットとデメリットを比較しながら、自分にとってベストな視力回復方法を選びましょう。

この記事のカテゴリーは「視力回復に向けたトレーニング方法」です。

自分の体に合わせたトレーニングの仕方と断続の重要性、目に優しい栄養素の効果と種類について解説していますのでご覧になって下さい。

関連記事

自分に合った視力回復法

視力をなんとかして回復させたいと思っている人の中には、視力回復トレーニングとレーシック手術のどちらを選択しようか迷っている方も多いでしょう。 あるいは、すでに視力回復トレーニングを行っている人の中にも...

習慣化したトレーニング法

視力回復トレーニングを経験した大半の方が、「早く視力が回復させて、このトレーニングから解放されたい」と思っているのではないでしょうか? その気持ちは、とくに長い期間をかけて、地道に毎日コツコツとトレー...

医者の視力回復知識とは!?

視力回復トレーニングが人気を呼んでいる中、視力回復トレーニングについては、なかなか頭を縦に振ってくれないと言う人が中にはいます。 それは、お医者さんなのです。 お医者さんは、視力回復トレーニングに特に...

目に効果的な栄養素とは

視力回復トレーニングは目に優して、人にも優しいので、とてもすぐれた視力回復方法ではありますが、これ1本だけに頼っていては、視力が回復するまでには、とても長い期間を必要としてしまいます。 視力が悪ければ...

まばたきのトレーニング法

私達は、無意識のうちに、1日に何回もまばたきをしていますよね。 みなさんは、まばたきなんて、するのが当たり前という風に、簡単に考えてはいませんか? しかし、まばたきを、あなどってはいけないのです。 ま...

目の健康を守るトレーニング法

現在、視力回復の方法はいくつかありますが、その代表的な方法として「視力回復トレーニング」があります。 視力回復トレーニングは、試視力表を使用するもの、視力回復センターにてトレーニングするもの、3D画像...