トレーニングの進め方【視力低下の原因と認識の重要性】

Top >  視力低下の原因と認識の重要性 >  トレーニングの進め方

トレーニングの進め方

なぜ視力回復トレーニングを、進める人が多いのかといえば、それは目と言うのは、一生を共にしなければならないからです。
また、目の健康を守るためでもありますが、その一生の生活を保つ為には、仕事をしなければならないですよね。


仕事をする際も、目はとても重要な役割を担っています。


もちろん目が見えなくても、仕事をしている人はたくさんいますし、立派に働くことができていると思います。
しかし、目がよく見えていたほうが、仕事がスムーズに進みますし、職の選択肢も広がります。


ところが単に目が見えているというだけでは、どんな仕事も無条件でできるというわけではありません。
中には、一定の視力基準を満たさなければ、職に就くことができない職業もあります。


仕事をする技術、能力は十分にあるけれど、視力が低いがために、小さい頃から夢見てきた職を、あきらめなければならいなんてことになると、なんだか悔しくありませんか?


きっと夢を実現させるために、とても沢山の努力をしてきた人もいることでしょう。
その努力を無駄にしないためにも、視力回復トレーニングを行いませんか。
トレーニングを積んで視力を回復させ、希望の職業に就き、幸せで楽しい生活にしていきましょう。


参考までに、人気職業別に適正基準を簡単に記しておきます。


【消防士】   
両眼とも1.0以上です。
矯正視力の場合、裸眼視力0.1以上です。
(消防士については、市町村によって、基準が異なります。詳細は区市町村へお問い合わせ下さい。)


【警察官】 
両眼とも0.6以上です。
裸眼視力0.1以上で矯正視力1.0以上です。


【看護士】
両眼とも1.0以上です。


【船舶操縦士】
両眼とも0.6以上です。
一眼の視力が0.6未満の場合、他眼の視力が0.6以上かつ、視野が左右150度以上です。


【客室乗務員】
コンタクト矯正1.0以上です。


【自衛隊】
両眼とも0.6以上です。
裸眼視力0.1以上で矯正視力0.8以上です。


【騎手】
両眼とも裸眼視力0.6以上です。
メガネ、コンタクトレンズは不可です。


【競艇】
両眼とも裸眼視力0.8以上です。
メガネ、コンタクトレンズは不可です。


【オートレース】
両眼0.6以上、色盲や色弱でない者です。


大変人気のあるパイロットは、視力矯正手術(レーシックなど)を受けていると、職に就くことができません。
パイロットになるための条件は、各航空会社の募集要項などを参考にしてください。


このように、職業によって、視力の基準はさまざまで複雑です。
しかし、視力さえ良ければ、こんな基準は気にしなくてもよいのです。


だからこそ、視力回復トレーニングを強くすすめるのです。
自分の能力、チャンス、努力などを無駄にしないためにも、早めに視力回復のトレーニングを取り入れることをお勧めします。

この記事のカテゴリーは「視力低下の原因と認識の重要性」です。

視力回復トレーニングを行う前の症状の確認、視力における様々な種類とメガネやコンタクトを使わない目の訓練法について皆様にお伝えしています。

関連記事

3種類の近視と病気の症状

視力回復トレーニングを行う前に、なぜ視力が落ちてしまったのか、視力低下の原因について、よく知っておくことはとても重要なことです。 たとえ視力回復トレーニングを行ったとして、視力が回復したとした所で、視...

視力の種類と改善への認識

「視力回復トレーニング」の中にも、「視力」という言葉が含まれていますが、普段の私達の生活の中でも、「視力」という言葉をよく耳にするのではないでしょうか。 その「視力」にも、実はいろいろな種類があること...

目の訓練で視力回復対策

視力回復トレーニングに限らず、メガネやコンタクトを作る際にも、絶対に欠かせない検査があります。 その検査は「視力検査」です。 私達は、普段目を通して、見ることができる視覚によって、日々の生活を送ってい...

トレーニングの進め方

なぜ視力回復トレーニングを、進める人が多いのかといえば、それは目と言うのは、一生を共にしなければならないからです。 また、目の健康を守るためでもありますが、その一生の生活を保つ為には、仕事をしなければ...

基本的な目のメカニズムとは

人間も動物も、目を使って生きています。 そのお世話になっている目に関する言葉を、皆さんはどのくらいご存知ですか? ・目が曇る    (判断する力が鈍るという意味) ・目が利く    (鑑識力、鑑定が優...