目の訓練で視力回復対策【視力低下の原因と認識の重要性】

Top >  視力低下の原因と認識の重要性 >  目の訓練で視力回復対策

目の訓練で視力回復対策

視力回復トレーニングに限らず、メガネやコンタクトを作る際にも、絶対に欠かせない検査があります。
その検査は「視力検査」です。


私達は、普段目を通して、見ることができる視覚によって、日々の生活を送っているのですが、目の見え方にも視力という基準が定められています。
その視力は一般的に、ひらがなやランドルト環(アルファベットのCに似ている記号)が書かれた視力表を用いて、測定しています。


赤ちゃんの視力は、どのくらいあるのか知っていますか?


赤ちゃんは、生まれた時に、視力が1.0であるわけではありません。
ハイハイをしたり、立ったりなど練習をすることによって、発達していくのと同じように、目も「見る」という練習をすることによって少しずつ発達していき、視力を持っていきます。
一般的な乳幼児の視力を、調べました。


生後1ケ月・・・目の前の手などが動くのがわかる程度の視力です。
生後2ケ月・・・0.01です。
生後3ケ月・・・0.04~0.08です。
生後8ケ月・・・0.1です。
   1歳・・・0.2~0.25です。
   2歳・・・0.5~0.6です。
   3歳・・・0.8です。
   7歳・・・1.0です。 


平均的な数値は、このぐらいだと言われています。


しかし最近は、もう少し見えているとも言われています。
このように、最初から目がよく見えているというわけではありません。


赤ちゃんも訓練することによって、見えるようになっているのです。
ですから、視力が低下した目も、赤ちゃんの時のように訓練すれば回復させることができるのです。


あきらめていた人も、もう一度目についてよく勉強してから、視力回復トレーニングをしてみませんか。
前向きに考えて、目の元気を取り戻すように頑張って下さい。

この記事のカテゴリーは「視力低下の原因と認識の重要性」です。

視力回復トレーニングを行う前の症状の確認、視力における様々な種類とメガネやコンタクトを使わない目の訓練法について皆様にお伝えしています。

関連記事

3種類の近視と病気の症状

視力回復トレーニングを行う前に、なぜ視力が落ちてしまったのか、視力低下の原因について、よく知っておくことはとても重要なことです。 たとえ視力回復トレーニングを行ったとして、視力が回復したとした所で、視...

視力の種類と改善への認識

「視力回復トレーニング」の中にも、「視力」という言葉が含まれていますが、普段の私達の生活の中でも、「視力」という言葉をよく耳にするのではないでしょうか。 その「視力」にも、実はいろいろな種類があること...

目の訓練で視力回復対策

視力回復トレーニングに限らず、メガネやコンタクトを作る際にも、絶対に欠かせない検査があります。 その検査は「視力検査」です。 私達は、普段目を通して、見ることができる視覚によって、日々の生活を送ってい...

トレーニングの進め方

なぜ視力回復トレーニングを、進める人が多いのかといえば、それは目と言うのは、一生を共にしなければならないからです。 また、目の健康を守るためでもありますが、その一生の生活を保つ為には、仕事をしなければ...

基本的な目のメカニズムとは

人間も動物も、目を使って生きています。 そのお世話になっている目に関する言葉を、皆さんはどのくらいご存知ですか? ・目が曇る    (判断する力が鈍るという意味) ・目が利く    (鑑識力、鑑定が優...