視力の種類と改善への認識【視力低下の原因と認識の重要性】

Top >  視力低下の原因と認識の重要性 >  視力の種類と改善への認識

視力の種類と改善への認識

「視力回復トレーニング」の中にも、「視力」という言葉が含まれていますが、普段の私達の生活の中でも、「視力」という言葉をよく耳にするのではないでしょうか。


その「視力」にも、実はいろいろな種類があることを知っていますか?
おそらく知っている人は、数少ないことでしょう。


これから、自分がトレーニングしようとしている視力について、何も知らないと自分が今何を、どういった目的でトレーニングを行っているのか、わからなくなってしまうかもしれません。
また、指導者の説明もよく理解できないかもしれません。


自分の体のことなのですから、最低限のことは知った上でトレーニングを行うことをおすすめします。
直接関係ないものもあるかもしれませんが、参考までに頭の片隅の方にでもしまっておいて下さい。


【裸眼視力】
メガネやコンタクトで、矯正をしていない視力の事です。


【矯正視力】
メガネやコンタクトで、矯正をしている視力の事です。


【方眼視力】
片方の目(もう片方の目は完全に閉じさせた状態にする)の視力の事です。


【両眼視力】
両方の目の視力の事です。
方眼視力よりは、視力は良いです。


【近見視力】
近距離視力表を使って、目から30cm離れて測定をした視力の事です。


【遠見視力】
通常、5m離れて測定した視力の事です。


【静止視力】
静止したものを見る視力の事です。


【動体視力】
動いたものを見る視力の事です。
球技や格闘技など、スポーツ選手にとっては重要な視力です。


【中心視力】
一般的にいわれている視力の事です。
網膜黄斑部中心窩で、見た一番良い視力です。


【中心外視力】
網膜黄斑中心窩から外れた視力の事です。
中心視力に比べて、視力がかなり悪いです。

この記事のカテゴリーは「視力低下の原因と認識の重要性」です。

視力回復トレーニングを行う前の症状の確認、視力における様々な種類とメガネやコンタクトを使わない目の訓練法について皆様にお伝えしています。

関連記事

3種類の近視と病気の症状

視力回復トレーニングを行う前に、なぜ視力が落ちてしまったのか、視力低下の原因について、よく知っておくことはとても重要なことです。 たとえ視力回復トレーニングを行ったとして、視力が回復したとした所で、視...

視力の種類と改善への認識

「視力回復トレーニング」の中にも、「視力」という言葉が含まれていますが、普段の私達の生活の中でも、「視力」という言葉をよく耳にするのではないでしょうか。 その「視力」にも、実はいろいろな種類があること...

目の訓練で視力回復対策

視力回復トレーニングに限らず、メガネやコンタクトを作る際にも、絶対に欠かせない検査があります。 その検査は「視力検査」です。 私達は、普段目を通して、見ることができる視覚によって、日々の生活を送ってい...

トレーニングの進め方

なぜ視力回復トレーニングを、進める人が多いのかといえば、それは目と言うのは、一生を共にしなければならないからです。 また、目の健康を守るためでもありますが、その一生の生活を保つ為には、仕事をしなければ...

基本的な目のメカニズムとは

人間も動物も、目を使って生きています。 そのお世話になっている目に関する言葉を、皆さんはどのくらいご存知ですか? ・目が曇る    (判断する力が鈍るという意味) ・目が利く    (鑑識力、鑑定が優...