近視・遠視の種類と回復方法【症状で変わるトレーニングの仕方】

Top >  症状で変わるトレーニングの仕方 >  近視・遠視の種類と回復方法

近視・遠視の種類と回復方法

私達の普段の生活の中で「近視」や「遠視」という言葉をよく耳にすると思います。
この近視と遠視には、さらに種類があるって事を、みなさんはご存知でしたか?
きっと知らない人の方が、多いことでしょう。


どんな種類があるのかというと「屈折性近視」「屈折性遠視」と「軸性近視」「軸性遠視」の4種類です。


【屈折性近視】
水晶体の屈折率の変化によって、ピントが網膜の手前で合ってしまう状態のことをいいます。


【屈折性遠視】
水晶体の屈折率の変化によって、ピントが網膜の後ろで合ってしまう状態のことをいいます。


【軸性近視】
角膜や水晶体での屈折に関しては、なんら異常はないのですが、眼球が楕円形になって目の奥行き(眼軸)が長くなっている為に、網膜の手前でピントが合ってしまう状態のことをいいます。


【軸性遠視】
角膜や水晶体での屈折に関しては、なんら異常はないのですが、角膜から網膜までの距離(眼軸)が短い為に、網膜の後ろでピントが合ってしまう状態のことをいいます。


視力が悪くなっている人は、これらのうちのどれかの症状になってしまっているというわけではありません。
実際には、これらの相互の症状が混ざり合った状態で、視力が悪くなっているのです。


それで視力回復トレーニングでは、視力が、どの症状によって悪くなっているのかを、きちんと見極めた上で、それぞれの症状に応じたトレーニングを行います。


屈折性の場合には、原因は水晶体を調節する力が不足しているので、水晶体の厚みを調節する毛様体のトレーニングを行います。
軸性の場合には、眼軸がひとたび伸びてしまうと、目は元には戻らないのですが、その目の伸びをそれ以上進行させないように、くいとめるためのトレーニングを行います。


このように視力回復トレーニングは、視力がなぜ低下したのか、根本的な原因を明確にし、その原因1つ1つに対応した回復方法にて、視力の回復をめざしていっています。
とても安全で、安心感のある回復方法なので、迷っている方にはぜひおすすめします。

この記事のカテゴリーは「症状で変わるトレーニングの仕方」です。

近視と遠視による症状の種類と原因、お金をかけないで行なうトレーニングの仕方、3つの種類に分かれた視力回復方法についての分かりやすいまとめはこちらです!!

関連記事

近視・遠視の種類と回復方法

私達の普段の生活の中で「近視」や「遠視」という言葉をよく耳にすると思います。 この近視と遠視には、さらに種類があるって事を、みなさんはご存知でしたか? きっと知らない人の方が、多いことでしょう。 どん...

お金をかけないトレーニング法

視力回復トレーニングは、何のリスクもなく、気軽に手軽にそして費用も安くすむという、目にも人にも優しい視力回復方法です。 しかし、メガネやコンタクトレンズは、何のリスクもなく気軽にトライできて、その上そ...

3つの種類に分けた視力回復法

視力を回復させたいけれど、どの方法が一番良いのかわからないなどと迷っている方は、おそらくたくさんいることでしょう。 目は、一生を共にして行くとても大切な器官です。 後悔しないように、じっくり考えてから...