ランドルト環の視力検査とは【視力回復を心がけた環境作り】

Top >  視力回復を心がけた環境作り >  ランドルト環の視力検査とは

ランドルト環の視力検査とは

視力回復トレーニングを行う前には、必ずやっておかなければならい検査があるんです。
その検査は、視力検査です。


視力検査の際には、視力検査表を使って行われますよね。
この検査表に記されている、Cマークについて、何か知っているでしょうか?


今までに学校や会社などで、もう何度も視力検査をしてきたことでしょうが、このCマークについて語れる人と言うのは、数少ないと思います。
視力回復には直接関係はありませんが、これがなければ視力回復トレーニングは始まりません。


視力が回復してからも、視力を測定する再に必ずお世話になるものですよね。
この機会に、このCマークについても簡単に勉強しておきましょう。
知っていて損はありませんので。


このCマークの正式名称は、「ランドルト環」といいます。
フランスの医師である、ランドルトという人が考えだしました。
そして、1909年のナポリで開催された国際眼科学会で、視力検査の国際基準として正式に認可されました。


ランドルト環を使った視力検査には、ルールが決められています。


たとえば、1.0のCが1つ見えたとしても、視力は1.0にはなりません。
検査表の横の列に並んでいる、すべてのCが見えた人は、当然視力は1.0になります。
1

1つ間違えた場合も、かろうじて視力は1.0になります。
2つ間違えた場合は、視力は1.0とはみなされません。


視力検査する度に「目標とする視力に到達した!」とか、「以前よりも悪くなった」などと、一喜一憂する人も少なくはないでしょう。


しかし、視力回復トレーニングをして視力を回復させれば、視力検査で喜んだり心配したりと、あれこれ考える必要はありません。
いつも、余裕で検査を受けることができるようになりますよね。


検査する度に視力が低下してゆき、ランドルト環恐怖症もなる前に、視力回復トレーニングをすることをおすすめします。

この記事のカテゴリーは「視力回復を心がけた環境作り」です。

視力回復における生活環境の影響、食生活の見直しから始めるトレーニング方法、ビジョントレーニングによる視力低下の予防策について理解して、ぜひとも実践して下さい!

関連記事

生活環境とストレスの影響

視力は、単にトレーニングだけを集中的に行ったからと言って、必ずしも良くなるとは限りません。 目に優しい生活環境を作りながら、トレーニングを行っていくことによって、視力はどんどん回復していくのです。 視...

食生活の改善と回復の進行

視力はトレーニングをしたからといって、必ず回復するとは限らないそうです。 周りの環境の改善を図りながら行っていかなければ、そう簡単には視力は回復しないのです。 もちろんトレーニングが一番重要ではあると...

ビジョントレーニングの効果

皆さんは「ビジョントレーニング」というものをご存知でしょうか? ビジョンとは、視覚の事を言います。 視覚を鍛錬することを、ビジョントレーニングと呼んでいるんです。 視覚の能力を総合的に鍛えると、正常に...

ランドルト環の視力検査とは

視力回復トレーニングを行う前には、必ずやっておかなければならい検査があるんです。 その検査は、視力検査です。 視力検査の際には、視力検査表を使って行われますよね。 この検査表に記されている、Cマークに...