レーシックのデメリットとは!?【レーシック手術後の視力トレーニング法】

Top >  レーシック手術後の視力トレーニング法 >  レーシックのデメリットとは!?

レーシックのデメリットとは!?

視力を回復させたいと思っているけれど、どの視力回復方法を選べばよいのかわからずに迷っている人など、今すでに視力回復トレーニングを行ってはいるけれども、短期間で視力が回復するというレーシックがどうしても気になるという人と言う方は、たくさんいることでしょう。


では、どうして迷ってしまったり、気になったりしているのでしょうか?
それは、レーシックは外科手術の中でも、最も安全な手術で、失敗もほとんどないと言われてはいますが、やはり素人の私達にとっては手術は手術であるので、その中でも目の手術というだけに、特に圧迫感や威圧感、恐怖感を抱いてしまって、どうしても一歩ふみだせないでいるからなのでしょう。


具体的にレーシックには、どんなデメリットがあるのか、参考までにいくつか述べて行きたいと思います。


これによって「なんだそんなことか」とか、「どんなデメリットがあるのか、具体的にわかっただけでも気が楽になった」などと、スッキリした人は勇気を出してレーシックに臨むのも良いでしょう。
しかし「そんなことが起こるの?」とか、「そんなことになったら絶対に責任をとってもらわないと困る」などと思う人は、特にリスクを伴わない、視力回復トレーニングを行うことをおすすめします。


【ドライアイ】
目が乾燥しやすくなってしまいます。
しかし最近では、最新技術でドライアイの問題も徐々に改善されてきています。


【ハロ】
3ケ月ほどで治まりはしますが、夜間の灯りがぼやけて見えたりしてしまいます。


【グレア】
3ケ月ほどで治まりはしますが、明るい光がまぶしく感じられたりしてしまいます。


【矯正視力の低下】
裸眼視力は回復します。
しかし、メガネやコンタクトレンズを装着したときの、矯正視力が低下したりしてしまいます。


【身体検査不適合】
パイロットは、視力検査がとても厳しい職業です。
レーシックに失敗した場合には、航空身体検査基準に引っかかって不適合とされてしまいます。


【度数ずれ】
白内障手術を受ける場合は、眼内レンズの度数ずれを起こすことがあります。


【眼球の白濁】
治療が適切に行われなかった場合は、感染症が引き起こされたり、眼球が白く濁ることもあります。


【不正乱視】
レーザー照射後にフラップを元に戻すのですが、その時に角膜をうまくつけられず、表面に凹凸ができてしまい、不正乱視になることがあります。


以上、レーシックにはこういったデメリットが考えられます。


全ては医療機関の設備、設備の衛生面、医師の技術などによって左右されます。
なので、レーシックを受ける時は、信頼のおける優秀な医療機関選びが最も重要なポイントとなってきます。


レーシック手術を受ける際、慎重に選ぶようにしたいものですが、それはなかなか難しいものです。
どうしても目先の宣伝、広告などに惑わされたりしがちです。


しかし、レーシックの場合は視力回復トレーニングと違って、一度試しにやってみるということが不可能なのです。
その一度が本番なのですから、慎重にならざるを得ないでしょう。


レーシック手術をする前に、クリニックの待合室で待っている間に、あまりの緊張感で、吐き気をもよおしたり、抜け出したりする人もいるそうです。
少しの迷いが、こういったことを招くこともあるのです。


手術というものは、医師の技術にもよりますが、患者さんの体調にも左右されることがあるのです。
終始、平常心でいられる自信のない人には、何も恐れることもない視力回復トレーニングで地道に回復させることをおすすめします。

この記事のカテゴリーは「レーシック手術後の視力トレーニング法」です。

手術後による目のケア方法や視力改善によるトレーニングの重要性、レーシック治療における種類・費用・注意点についてまとめてみました。

関連記事

定期検診の重要性

視力回復トレーニングは、視力回復後も引き続きトレーニングを行っていかなければ、視力が低下してしまうのですが、視力回復前のトレーニングほどは、力を入れてトレーニングする必要はないのです。 そして回復前も...

視力改善と手術後の過ごし方

レーシックは、多くの外科手術の中でも、最も安全な手術だと思います。 手術当日は、通常通り食事を摂ってから、手術を受けることができますし、手術後も何も問題がなければ、そのまま帰宅して、入浴することもでき...

レーシックのデメリットとは!?

視力を回復させたいと思っているけれど、どの視力回復方法を選べばよいのかわからずに迷っている人など、今すでに視力回復トレーニングを行ってはいるけれども、短期間で視力が回復するというレーシックがどうしても...

レーシック手術の費用について

どの視力回復方法を選ぼうとも、やはりとても気になるのは視力が回復するまでに、いったいどのくらい費用がかかるのか?ということだと思います。 手軽とはいえ、視力回復トレーニングも、視力回復トレーニング機器...

レーシックの種類と手術法

最近、話題を呼んでいるレーシック手術は、角膜にレーザーを照射する近視治療の事ですが、実はそのレーシック手術にも種類がいくつかあります。 世間では、一言で簡単にレーシックと言っているのですが、目の症状や...