生活環境とストレスの影響【視力回復を心がけた環境作り】

Top >  視力回復を心がけた環境作り >  生活環境とストレスの影響

生活環境とストレスの影響

視力は、単にトレーニングだけを集中的に行ったからと言って、必ずしも良くなるとは限りません。
目に優しい生活環境を作りながら、トレーニングを行っていくことによって、視力はどんどん回復していくのです。


視力回復を望むのであれば、食生活の改善はもちろんのこと、プライベートなど私生活においても、一度見直しをしてみましょう。
私生活のは、目にとってもとても重要な環境作りの1つなのです。


現在あなた自身が、何か悩んでいたり、心配な事や不安な事などはありませんか?
もしあるのならば、その事が、視力悪化の進行を早めているのかもしれません。


実は、こういう脳のストレスが、視力低下につながっているのです。
視力回復を目標とする上で、目と脳との関係は知っておいたほうが良いでしょう。


その方が断然、視力回復への展開は早いでしょう。
早く効果があらわれれば、視力回復トレーニングをすることにも、よりいっそう張り合いがでてくるでしょうから。


目は、「視神経の集合体」だといわれています。
目は、たくさんの神経で形成されていて、脳に直接つながっています。


そのため、脳のストレスが、視力の低下をもたらすのです。
物を見る行為は、脳と密接に関係していると思ってよいでしょう。


人間の情報収集のほとんどは、目から行われているのです。
よって、視力が悪いと脳に情報が行かず、判断する力や、記憶する力など、脳の機能が低下することになります。


このため、私達は目の健康を気にする前に、まずは脳の健康についても考えてゆかなければならないのです。


脳が健康な状態=ストレスのない私生活です。
毎日楽しく、笑いのある生活を送れるように、何かでストレス発散をするようにしましょう。


美味しい物を食べたり、買い物に行ったり、スポーツで汗をかいたり、英会話や楽器などの習い事をしたり、ドライブに行ったり、友人とおしゃべりをしたりなど、時には自分の興味あることや好きなことをして、羽を伸ばすのもよいでしょう。
心や体が喜べば、脳もスッキリして喜び、元気になります。


そして、その脳の喜びが、視力にもあらわれて、視力の回復へとつながっていくのです。
快適な生活を送っていれば、その時の目はイキイキと輝いて見えることでしょう。

この記事のカテゴリーは「視力回復を心がけた環境作り」です。

視力回復における生活環境の影響、食生活の見直しから始めるトレーニング方法、ビジョントレーニングによる視力低下の予防策について理解して、ぜひとも実践して下さい!

関連記事

生活環境とストレスの影響

視力は、単にトレーニングだけを集中的に行ったからと言って、必ずしも良くなるとは限りません。 目に優しい生活環境を作りながら、トレーニングを行っていくことによって、視力はどんどん回復していくのです。 視...

食生活の改善と回復の進行

視力はトレーニングをしたからといって、必ず回復するとは限らないそうです。 周りの環境の改善を図りながら行っていかなければ、そう簡単には視力は回復しないのです。 もちろんトレーニングが一番重要ではあると...

ビジョントレーニングの効果

皆さんは「ビジョントレーニング」というものをご存知でしょうか? ビジョンとは、視覚の事を言います。 視覚を鍛錬することを、ビジョントレーニングと呼んでいるんです。 視覚の能力を総合的に鍛えると、正常に...

ランドルト環の視力検査とは

視力回復トレーニングを行う前には、必ずやっておかなければならい検査があるんです。 その検査は、視力検査です。 視力検査の際には、視力検査表を使って行われますよね。 この検査表に記されている、Cマークに...