継続への重要ポイント【視力回復に向けたトレーニング方法(2)】

Top >  視力回復に向けたトレーニング方法(2) >  継続への重要ポイント

継続への重要ポイント

個人差はあると思うのですが、視力回復トレーニングは、すぐに効果があらわれるものではありません。


なかなか効果があらわれないと、途中で挫折してしまう人も少なくはないでしょう。
何事も継続するのは、簡単なようで意外にとても難しいものなのです。


今、自宅で地道に視力回復トレーニングを行っている人や、これから行っていこうと考えている人の為に、参考までに視力回復トレーニングを継続していくためのポイントを、少しご紹介したいと思います。


視力回復トレーニングの多くは、単調なものばかりです。
毎日淡々とトレーニングをこなしているうちに、スタート当初の気合いとやる気が失せてきて、徐々にサボるようになってしまい、いつの間にかやめていたというケースが多いのではないでしょうか。


こういったケースに陥らないようにするためにも、予防策として、まずは自分の目標を決めましょう!


例えば、「メガネなしでの生活を実現できるまで努力する」、「視力が0.1になってしまい、重度の真性近視から抜け出すまでトレーニングする」などと、具体的な目標を設定するようにしましょう。
人は動機があれば行動を引き起こして、その動機がある限りは、その行動に持続性・継続性を保ち続ける性質があるので、効果は十分にあると思います。


更には、その目標を達成するための、実行するべき方法や手順を決めましょう。


メガネなしで生活したいのならば、普段の生活の中に、かなりの視力回復トレーニングを盛り込む必要があるでしょう。
また、目標視力0.1を目指すのならば、焦らず毎日少しずつでもトレーニングをし続ければ達成できそうですので、最初からたくさんのトレーニングを計画するのではなく、少量のトレーニングからはじめていくようにしましょう。


このような具体的な方法や手順を作成するだけで、挫折する可能性がずいぶんと減ると思います。


また、決めたことは手帳やノートなどに、きちんとメモをしておくようにしましょう。
人間は、すぐに忘れてしまいますし、つい自分に対して甘くなってしまいがちなので、決めたことはきちんと書き留めておいて、いつでも目につくようにしておくのが良いと思います。


ノートに書くことが面倒だと思う人は、ブログなどに日々のトレーニングの経過などを、アップしていくのも良いかもしれませんね。


たくさんの人が見ていると思えば、プレッシャーで、やる気も出てくるでしょうし、一度発表した以上、ここでやめるわけにはいかないと、プライドも出てきて更に挫折する可能性も低くなることでしょうから。
もしかすると、そのブログを見て、同じようにがんばっているという人が現れるかもしれませんね。


誰かと一緒に頑張っているという意識は、モチベーションアップにもつながるでしょう。
達成した時の喜びも、よりいっそう大きくなるに違いありません。


仲間作りは、直接視力回復とは関係ないことかもしれません。
しかしこう考えると、仲間作りも大切な視力回復トレーニングを継続させるためのポイントの一つかもしれませんね。

この記事のカテゴリーは「視力回復に向けたトレーニング方法(2)」です。

長い間繰り返し行っていくトレーニングの仕方と重要ポイント、目標に向かって行なう視力回復の治療方法について解説します!

関連記事

視力回復トレーニングの断続性

「今日から、視力回復に向かってがんばるぞ!」と最初のうちは誰もが、はりきって、視力回復トレーニングを始めている事だと思います。 しかし、人は「トレーニング」や「訓練」という言葉に、とても弱い生き物です...

目標に向けたトレーニング法

単調な視力回復トレーニングを継続して行っていくためにも、とても重要なこととは、まず自分の目標を決めることだと思います。 自分のペースで焦らず、目標に向かって少しずつトレーニングしていくことがポイントで...

継続への重要ポイント

個人差はあると思うのですが、視力回復トレーニングは、すぐに効果があらわれるものではありません。 なかなか効果があらわれないと、途中で挫折してしまう人も少なくはないでしょう。 何事も継続するのは、簡単な...