視力回復トレーニングの断続性【視力回復に向けたトレーニング方法(2)】

Top >  視力回復に向けたトレーニング方法(2) >  視力回復トレーニングの断続性

視力回復トレーニングの断続性

「今日から、視力回復に向かってがんばるぞ!」と最初のうちは誰もが、はりきって、視力回復トレーニングを始めている事だと思います。


しかし、人は「トレーニング」や「訓練」という言葉に、とても弱い生き物です。
「やらされている」あるいは「やらなければいけない」という思いが強ければ、強いほど途中で挫折してしまいます。


殆どの人が、洗顔や歯磨き、お風呂、化粧、整髪などを、毎日欠かさず実行しています。
しかも、朝家を出る1時間くらい前(人によって時間に違いはありますが)に起床して、その1時間に歯磨き、化粧、整髪、化粧を行っています。


もしかすると、ひどい人では、これらのことに力を入れすぎて、遅刻する人もいるのでは?
なぜこれらのことは、毎日継続して実行できるのでしょうか?
なぜ、さぼったりしたくならないのでしょうか?


それは、無意識のうちにそれらの行為を習慣化しているからなのです。
習慣とは、長い間繰り返し行っていくうちに、そうするのがきまりのようになったことをいいます。


つまり、視力回復トレーニングも習慣化してしまえば良いのです。
視力回復トレーニングも、お風呂や歯磨き、化粧、整髪などといった生活リズムの中に溶け込ませれば、「やらなければいけない」あるいは、「やらされている」という思いも消えて、次第に「やるのが当然」という思いに変化していくのです。


生活リズムに組み込まれている習慣を、実行するために人は無意識に時間を作っています。
視力回復トレーニングも習慣化させれば、無理をしないで自然にそのための時間を作っていき、体が動いていくのではないでしょうか。


けれど、人はおかしな生き物で、行儀の悪いことやサボリ癖など、悪い習慣はすぐに身につくのですが、良い習慣はなかなか身につきにくいものです。
ある程度は忍耐や根気が必要ですが、「本当に身につくのだろうか」とか「本当に視力は回復するのだろうか」などとあれこれ考えることはやめて、自分を信じて、まずは少しずつやっていくようにしましょう。


初めは、無理せずに短時間からトレーニングしていけば良いのです。
1日の中に、必ず視力回復トレーニングをする時間を作るということから始めてみてください。


一番理想的なのは、視力回復トレーニングを行わないと、なんだか落ち着かずに体がしっくりこないという状況になることです。
あるいは、視力回復トレーニングを行わないと、1日が終わったような気がしないなどと言うような状態まで習慣化すれば、効果も自然と出てくるでしょう。

この記事のカテゴリーは「視力回復に向けたトレーニング方法(2)」です。

長い間繰り返し行っていくトレーニングの仕方と重要ポイント、目標に向かって行なう視力回復の治療方法について解説します!

関連記事

視力回復トレーニングの断続性

「今日から、視力回復に向かってがんばるぞ!」と最初のうちは誰もが、はりきって、視力回復トレーニングを始めている事だと思います。 しかし、人は「トレーニング」や「訓練」という言葉に、とても弱い生き物です...

目標に向けたトレーニング法

単調な視力回復トレーニングを継続して行っていくためにも、とても重要なこととは、まず自分の目標を決めることだと思います。 自分のペースで焦らず、目標に向かって少しずつトレーニングしていくことがポイントで...

継続への重要ポイント

個人差はあると思うのですが、視力回復トレーニングは、すぐに効果があらわれるものではありません。 なかなか効果があらわれないと、途中で挫折してしまう人も少なくはないでしょう。 何事も継続するのは、簡単な...