コンタクトの治療効果【視力回復の基本(コンタクト)について】

Top >  視力回復の基本(コンタクト)について >  コンタクトの治療効果

コンタクトの治療効果

視力回復の基本なのが、メガネとコンタクトレンズであることは、さまざまな最新の治療法が開発されている現在においても、それに変わりはないようです。


しかし、酸素透過性のハードレンズの普及で、従来、コンタクトレンズ使用者に多かった、角膜障害が非常に減ったのです。
従来のハードレンズは、酸素を通さなかった、あるいは不十分だったことから、酸素不足による角膜障害が起きてしまったり、ソフトレンズの場合にも、まれではあるといえ、感染症が起きてしまい、それが角膜障害をもたらしていました。


いずれにしても、現在、改良が進み、安心して装着できるようになりつつあるでしょう。


メガネとコンタクトレンズでは、どちらが安全か、という問題から考えると、メガネの方が安全だといえるでしょう。
最近のメガネのレンズは、ほとんどがプラスチック製ですから、割れて角膜を損傷させることもありませんし、ごみや花粉なども入ってきません。


注意していれば、メガネもコンタクトも日常的にはさほど問題はないようです。


ただし、お子さんの場合は、ご自身でコンタクトレンズの扱いができるまでは、メガネを使用したほうがいいでしょう。
そうなると、コンタクトレンズにする場合は、やはり中学生ぐらいからということになります。


ただ、医学的な面からコンタクトレンズを使ったほうが良いという場合もあります。


左右の度が違う人、円錐角膜という病気を持っている人、近視が非常に強い人の場合です。
これらの方は、大人の方も含め、メガネよりもコンタクトレンズの使用を勧められるようです。

この記事のカテゴリーは「視力回復の基本(コンタクト)について」です。

安心して使用できるコンタクトの種類と装着効果、視力回復に人気のオルソケラトロジーの視力矯正について解説していますのでご覧になって下さい。

関連記事

コンタクトの治療効果

視力回復の基本なのが、メガネとコンタクトレンズであることは、さまざまな最新の治療法が開発されている現在においても、それに変わりはないようです。 しかし、酸素透過性のハードレンズの普及で、従来、コンタク...

オルソケラトロジーの視力矯正

コンタクトレンズというと、通常では、昼間に装着して、視力を矯正するものだと思います。 しかし、そのコンタクトレンズを視力回復の手段として利用する、新しい方法として現在、話題になっている方法なのが「オル...