症状の原因に合わせた治療法【近視の症状と治療経過】

Top >  近視の症状と治療経過 >  症状の原因に合わせた治療法

症状の原因に合わせた治療法

近視の人の大多数の人は、メガネやコンタクトレンズで視力の回復、矯正が可能な「単純近視」です。
ごくわずかですが、病的な近視の方もいらっしゃいます。


眼科医師の間では、単純近視も病的近視も含め、近視は遺伝的な素質が非常に強く関係しているとみる説が、大勢をしめています。
したがって、勉強のしすぎや、暗いところで本を読んだから、近視になってしまったということはありませんし、近視治療で治ったというのも例外です。


日本には、「仮性近視」あるいは「偽近視」という考え方があります。


「仮性近視」や「偽近視」は、読書や勉強など近くのものを見る作業を続けたために、一時的に近視の状態になったというものです。
これは日本独自の理論であり、最近は否定的にとらえられています。


近視になってしまうと、遠いところを見るときにぼやけてしまいますが、近いところは良く見えるのです。


単純近視の場合は、近視の度が比較的軽いことが多く、めがねをかければ正常の視力まで矯正可能です。
近視の人は、近くを見るときには正視の人よりも調節しなくていいので、現代のように近くを見ることが多い社会では、かえって疲れにくいという利点もあるのです。


一般的に、単純近視は小学校高学年から中学生ほどから始まるとされています。


しかし、病的近視の場合は幼児期から始まり、どんどん進行します。
近視の度も強く、めがねをかけても、視力が0.1や0.2までぐらいしか視力の回復は望めません。


眼球がかなり大きくなってしまうため、網膜が引き伸ばされ薄くなっています。
そのため、目を打撲するなど、ちょっとした衝撃で網膜に裂傷が生じ、網膜はく離を起こす危険がありますので、日頃から気をつけて行動したほうが良いでしょう。

この記事のカテゴリーは「近視の症状と治療経過」です。

遺伝的要素が影響する近視の症状と発達の変化、視力検査における近視の診断基準や確実な視力回復の治療方法について解説します!

関連記事

近視の危険性と回復法

勉強や読書で近くのものをみる作業が続くと、一時的に近視の状態になるという説を「仮性近視」あるいは「偽近視」といいますが、これは日本独自の考え方で、現在では否定的にとらえられています。 以前は、仮性近視...

近視の診断基準

健康診断などでは、視力表を用いて視力の検査をします。 これは裸眼視力といって、めがねやコンタクトレンズをしていない状態での視力の事で、屈折の異常を判断するものなので、あまり精密な検査とはいえません。 ...

症状の原因に合わせた治療法

近視の人の大多数の人は、メガネやコンタクトレンズで視力の回復、矯正が可能な「単純近視」です。 ごくわずかですが、病的な近視の方もいらっしゃいます。 眼科医師の間では、単純近視も病的近視も含め、近視は遺...

近視手術の効果とは!?

裸眼で遠くを見たときに、ピントがうまく合わずはっきり見えない場合は、屈折異常が原因です。 このうち近視というのは、遠くから入ってきた光が、網膜よりも前に像を結ぶためにおきる症状です。 近視には、2通り...

近視手術の仕組みとは

近視の人は、眼球が普通の人よりも大きくなっていて、眼軸が長くなっているのが特徴です。 それを縮めることは、不可能だそうです。 しかし、角膜の屈折を変えることにより、視力を回復させる方法なのが、「放射状...