近視手術の仕組みとは【近視の症状と治療経過】

Top >  近視の症状と治療経過 >  近視手術の仕組みとは

近視手術の仕組みとは

近視の人は、眼球が普通の人よりも大きくなっていて、眼軸が長くなっているのが特徴です。
それを縮めることは、不可能だそうです。


しかし、角膜の屈折を変えることにより、視力を回復させる方法なのが、「放射状角膜切開術」というものです。


「放射状角膜切開術」の場合、近視が回復または軽減するという利点はありますが、その危険性があることも確かなのです。
たとえば、かなり深く傷つけないと屈折度が変わらず、しかも屈折度が安定せずに、遠視になる人がいるのが現実なのです。


これらの危険性を考慮したうえで、また長い目で見て、本当に必要かどうかをよく考えて、手術を受けるかどうかを判断すべきです。


日本人の場合、裸眼視力は0.1くらいの人が多いようです。
これらの人が老眼になると近い場所を見るには、はかえってメガネなしで見えるようになる、という利点があることをご存知でしょうか?


レーザー手術を受けた場合では、術後は両眼共に、1.0以上の裸眼視力が得られることがあります。
しかし、40代半ばぐらいから老眼を自覚するようになり、老眼鏡が必ず必要となります。


したがって、レーザー手術で近視が改善しても、メガネは必要だということです。


放射状角膜切開術の場合も、当然、度の安定しないお子さんには勧められません。
また、度の安定したおとなの方でも、老眼になった時のことを考えると、危険を冒してまで近視手術で視力を回復させるべきかどうか、重々検討してから決断した方が良いと思います。

この記事のカテゴリーは「近視の症状と治療経過」です。

遺伝的要素が影響する近視の症状と発達の変化、視力検査における近視の診断基準や確実な視力回復の治療方法について解説します!

関連記事

近視の危険性と回復法

勉強や読書で近くのものをみる作業が続くと、一時的に近視の状態になるという説を「仮性近視」あるいは「偽近視」といいますが、これは日本独自の考え方で、現在では否定的にとらえられています。 以前は、仮性近視...

近視の診断基準

健康診断などでは、視力表を用いて視力の検査をします。 これは裸眼視力といって、めがねやコンタクトレンズをしていない状態での視力の事で、屈折の異常を判断するものなので、あまり精密な検査とはいえません。 ...

症状の原因に合わせた治療法

近視の人の大多数の人は、メガネやコンタクトレンズで視力の回復、矯正が可能な「単純近視」です。 ごくわずかですが、病的な近視の方もいらっしゃいます。 眼科医師の間では、単純近視も病的近視も含め、近視は遺...

近視手術の効果とは!?

裸眼で遠くを見たときに、ピントがうまく合わずはっきり見えない場合は、屈折異常が原因です。 このうち近視というのは、遠くから入ってきた光が、網膜よりも前に像を結ぶためにおきる症状です。 近視には、2通り...

近視手術の仕組みとは

近視の人は、眼球が普通の人よりも大きくなっていて、眼軸が長くなっているのが特徴です。 それを縮めることは、不可能だそうです。 しかし、角膜の屈折を変えることにより、視力を回復させる方法なのが、「放射状...