現在の眼科治療について【近視と視力における治療の種類】

Top >  近視と視力における治療の種類 >  現在の眼科治療について

現在の眼科治療について

視力というのは、目で物体を識別するための能力の事をいいます。


この視力が低下する理由として、色々考えられるのですが、屈折異常、調節異常で、視力が低下した場合には、屈折矯正を行うことで、視力を回復させる事は出来ます。
ただし、なんらかの病気で視力が低下した場合には、その要因を取り除かない限り、視力回復は難しいのが現実です。


目の治療は、目覚しく進歩して来ています。
手術やレーザー治療、人口水晶体、角膜移植、コンタクトレンズ、薬物治療などです。
なかでも現在、特に注目されているのが、「レーシック」治療です。


「レーシック」治療というのは、角膜屈折矯正手術の一種です。
目の表面の角膜に、エキシマレーザーを照射して、角膜の曲率を変えることによって、視力を矯正する手術の事をいいます。


方法としては、「マイクロケラトーム」とよばれるカンナのような機械で、角膜の表面を薄く削って、ふたのような「フラップ」を作り、めくるのです。
そこに、エキシマレーザーを照射して、角膜の一部を蒸散させるのです。


その後、フラップを元の位置に戻して、フラップが自然に接着するまで待ちます。
時間は、約2~3分です。


角膜の中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がります。
凹レンズを用いたのと同じ効果が現れて、近視が矯正されることによって視力回復が期待できるのです。


また、検眼のデータをもとに、レーザー照射を調節することで、乱視の矯正も可能になるのです。


マイクロケラトームの代わりにレーザー(イントラレーザー)によっても、フラップを形成する方法などあります。

この記事のカテゴリーは「近視と視力における治療の種類」です。

近視が軽減する超音波治療の流れや現在の眼科における治療内容、手術に関する承諾書での注意点について皆様にお伝えしています。

関連記事

超音波治療と人口水晶体とは!?

近年、眼科領域の治療はめざましく進歩しているのです。 新たに話題となっている視力回復や視力矯正の方法として、レーザー治療が非常に話題ですが、他にも「超音波治療」や「人口水晶体」があります。 【超音波治...

現在の眼科治療について

視力というのは、目で物体を識別するための能力の事をいいます。 この視力が低下する理由として、色々考えられるのですが、屈折異常、調節異常で、視力が低下した場合には、屈折矯正を行うことで、視力を回復させる...

治療の安全性と改善効果

現在、眼科領域の治療と言うのは、目ざましく進歩しています。 コンタクトレンズ、レーザー治療、、手術、人口水晶体、角膜移植、薬物治療など、選択肢が非常に広がりつつあります。 いったい視力とは、どれほど回...