イントラレーシック手術とは【レーシック手術の内容と回復効果(2)】

Top >  レーシック手術の内容と回復効果(2) >  イントラレーシック手術とは

イントラレーシック手術とは

最近では、メガネやコンタクトレンズを使用せずに、視力の回復・矯正をする方法として、視力矯正手術を受ける人がとても増えています。


最も一般的な方法なのは「レーシック」(正式には「レーザー角膜屈折矯正手術」)です。
その一形態として「イントラレーシック」という、視力矯正手術などもあります。


イントラレーシックと、一般的なレーシックには、いったいどのような違いがあるのでしょうか。


大きな違いは、フラップといって、角膜に作るフタの作成方法にあります。


通常のレーシックの場合、「マイクロケラトーム」という、電動カンナのような装置でフラップを作成します。


イントラレーシックでは、イントラレースFSレーザーを用いて、コンピュータ制御によってフラップを精密に作成します。
これによって、一段と安全で正確にフラップを作成することが可能になるのです。


通常のレーシックの場合でも、マイクロケラトームによって、精巧なフラップを作成することは、可能だとされています。


しかし、カンナ部分の往復運動が原因で、フラップの断面に、若干でこぼこが生じたり、ヒンジといって、フラップのつなぎ目の部分が斜めになることがあり、このために、まれにシワが生じることがあるのです。


一方、イントラレーシックの場合は、コンピュータ制御によってフラップを作成していきます。
そのため、断面もヒンジの部分も、非常に精巧な仕上がりになります。


イントラレーシックのほうが従来のレーシックよりも、フラップを薄く正確に作成することが可能なことから、角膜実質層を削りとれる量が増えます。
そのため、通常のレーシックよりも、強度の近視を矯正することができるのです。


ただし、層間角膜炎(DLK)が発生したりしてしまい、フラップの作成や接着に時間がかかるといった欠点も、指摘されています。

この記事のカテゴリーは「レーシック手術の内容と回復効果(2)」です。

レーシック手術における治療の効果とカウンセリング内容、イントラレーシック治療の視力回復・矯正効果、レーザー角膜屈折矯正手術の利点と欠点についての分かりやすいまとめはこちらです!!

関連記事

手術の流れと治療費用

近年、視力回復の新しい方法として「レーシック」という手術が、とても話題になっています。 しかし、あくまで手術ですから不安が伴うと思いますし、まだ歴史が浅いことから安全性が確立していません。 実際、レー...

イントラレーシック手術とは

最近では、メガネやコンタクトレンズを使用せずに、視力の回復・矯正をする方法として、視力矯正手術を受ける人がとても増えています。 最も一般的な方法なのは「レーシック」(正式には「レーザー角膜屈折矯正手術...

レーシック手術の利点と欠点

視力回復を願って、メガネやコンタクトレンズ以外の方法として、手術を希望する人が、最近急増しています。 メガネを使用しなくてもいい、などの利点がある一方で、歴史が浅い手術であることからも、術法が確立して...

レーシックにおけるリスクと危惧

視力回復、あるいは視力矯正の方法として、最近とても注目されているのが、レーシックと言う方法です。 めがねやコンタクトレンズが要らなくなることから、スポーツ選手などで、このレーシック手術を受けた人が多く...

レーシック治療の受診制限

視力回復のための最新の方法として、特に注目されているのが「レーシック」と言う方法です。 このレーシックというのは、角膜屈折矯正手術の一種です。 目の表面の角膜に、エキシマレーザーを照射して、角膜の曲率...