エピレーシックの回復効果【視力矯正手術に関する治療の種類】

Top >  視力矯正手術に関する治療の種類 >  エピレーシックの回復効果

エピレーシックの回復効果

最近では、視力回復と矯正のために、従来のめがねやコンタクトレンズではなく、手術という方法を希望する人がとても急増しています。
最も一般的な方法なのは、レーシックですが、その他にもいろいろな新しい手術が行われつつあります。


視力矯正手術には、次のような方法があります。


・レーシック
・イントラレーシック
・エピレーシック
・ウェーブフロント
・ラセック
・フェイキックIOL
・PRK
・フレックスPRK
・放射状角膜切開術(PK)


イントラレーシックとエピレーシックは、通常のレーシックを変化させた方法の事です。


エピレーシックとは、エキシマレーザーを照射することによって、近視・遠視・乱視を矯正するレーシック手術の方法の一つです。


エピレーシックでは、「エピケラトーム」と呼ばれる器機を使用して、約50マイクロメートルの角膜上皮のみの薄い蓋(フラップ)を作成します。


フラップはやがて剥がれ落ち、新しい角膜上皮が再生します。
そのため強い眼の衝撃でもフラップがずれることはなく、ここが通常のレーシックとは異なる点です。


エピレーシックは、PRKやラセックなどと同様で、分類としては「表面照射」という術式になります。
この手術では、他の表面照射の屈折矯正手術と同様に、ボーマン膜をレーザーで除去します。
そして、角膜実質層を削ることで、視力を回復するのです。


エピレーシックは新しい術法であることから、まだ安全性が確立されているとはいえません。
利点とリスクをよく理解したうえで、手術を受けるかどうかの判断をするべきです。

この記事のカテゴリーは「視力矯正手術に関する治療の種類」です。

ウェーブフロントやラセック治療による視力回復までの流れ、視力矯正手術の種類と特徴、エピレーシック手術での利点と改善効果について理解して、ぜひとも実践して下さい!

関連記事

ウェーブフロントの手法について

現在、視力回復、矯正のために、視力矯正手術を希望する人がとても増えています。 ・レーシック ・イントラレーシック ・エピレーシック ・ウェーブフロント ・ラセック ・フェイキックIOL ・...

ラセック治療の手術内容

近頃、コンタクトレンズやメガネを使用しての視力回復や矯正を、わずらわしく感じて、視力矯正手術を受ける方が増えてきているそうです。 タイガー・ウッズ選手など、スポーツ選手の術例が多数報告されて、話題を呼...

エピレーシックの利点とは

視力矯正手術として、最も一般的方法なのが、「レーシック」です。 この正式名称は、「レーザー角膜屈折矯正手術」と言います。 レーシックのなかには、その一種として「エピレーシック」と言う方法があります。 ...

エピレーシックの回復効果

最近では、視力回復と矯正のために、従来のめがねやコンタクトレンズではなく、手術という方法を希望する人がとても急増しています。 最も一般的な方法なのは、レーシックですが、その他にもいろいろな新しい手術が...

手術の種類と歴史

視力を回復させたいというのは、日ごろのコンタクトレンズやメガネが、煩わいなど、嫌だというほど感じている人にとって、強い願望でしょう。 現在では、コンタクトレンズやメガネ以外の、視力矯正手術が行われるケ...