老眼について【視力低下による症状の種類とは】

Top >  視力低下による症状の種類とは >  老眼について

老眼について

「老視」あるいは「老眼」というのは、病気ではなく、中年になれば程度の差はあるのですが、誰にでも起こり得る、生理的な現象です。
老眼になってしまうと、近いところが見えにくいというだけで、遠いところを見る視力とはなんら関係はありません。


老眼というのは、中年前後に、近いところが見えにくくなった状態の事をいいます。
老眼になると、遠視と混同されがちなのですが、遠視は屈折の異常なので、年齢とは無関係なのです。


これに対して老眼は、調節の異常です。
問題は、近いところを見るときだけです。


老眼は、中年以降になれば、遠視の人にも、近視の人にも生じる可能性があるのです。


老眼の症状は人によってもさまざまです。
なかでも、本を読むときに本を目から離さないと良く見えない、薄暗いところでは小さな字が読みにくい、細かい仕事をすると目が疲れるというケースが多いと思われます。
このような症状を感じたら、老眼が始まってきたと考えられるでしょう。


老眼というのは、あくまで近いところを見るのに、不便を感じるようになるというもので、遠いところをみる視力には関係ありません。
したがって、「老眼になると近いところが見えなくなる代わりに、遠いところが良く見えるようになる」というのは、間違いです。


また、「年をとったから視力が落ち、遠いところが見えにくくなった」ということはありません。


一般的に、近視は20~25歳ほどで進行が止まるのが普通です。
ですから、中年以降に遠いところが見えづらくなったという場合は、何か病気が起こっていると疑う必要があります。

この記事のカテゴリーは「視力低下による症状の種類とは」です。

斜視や老眼による症状の原因と進行の予防方法、遠視と乱視における日常生活への影響と治療効果についてまとめてみました。

関連記事

斜視の治療方法

近視、遠視という概念とは別な症状に「斜視」という目の症状があります。 斜視とは、ものを見るときに片方の目の視線は目標のものを向いているのに、もう一方の目の視線は、あらぬ方向を向いているものが「斜視」と...

老眼の進行を防ぐメガネの利便性

近視の視力回復のための矯正や、治療には、メガネやコンタクトレンズのほか、手術などの可能性もあるのですが、老眼の場合には、老眼鏡を使うほかありません。 老眼とは、眼のなかでレンズの働きをしている、水晶体...

老眼について

「老視」あるいは「老眼」というのは、病気ではなく、中年になれば程度の差はあるのですが、誰にでも起こり得る、生理的な現象です。 老眼になってしまうと、近いところが見えにくいというだけで、遠いところを見る...

遠視の症状と治療対策

私たちは、幼いお子さんがメガネをかけていると、単純に近視では考えてしまいがちですよね。 しかし実際は、遠視でめがねをかけている場合が非常に多いのです。 遠視は眼球が正規よりも小さいやめに、眼軸が短くな...

乱視の視力障害

乱視になると、網膜のどこにもピントが合わないために、遠いところも近いところも物が見えにくく、しかも物が二重に見えてしまいます。 乱視には、先天性のものと、病気や怪我によって起こる、後天性の乱視がありま...