ウェーブフロントの手法について【視力矯正手術に関する治療の種類】

Top >  視力矯正手術に関する治療の種類 >  ウェーブフロントの手法について

ウェーブフロントの手法について

現在、視力回復、矯正のために、視力矯正手術を希望する人がとても増えています。


・レーシック
・イントラレーシック
・エピレーシック
・ウェーブフロント
・ラセック
・フェイキックIOL
・PRK
・フレックスPRK
・放射状角膜切開術(PK)


一般的なのは、レーシックおよびその類の手術法です。


「ウェーブフロント」は、視力矯正手術のひとつである「ウェーブフロントレーシック」において利用される方法で、角膜や水晶体の収差を解析する手法の事です。
「ウェーブフロントアナライザ」といわれる、解析装置でデータを測定したり分析したりする方法です。


ウェーブフロントレーシックでは、近視や遠視・乱視などについて、総合的に角膜形状解析を行います。
そのデータをもとにして、ウェーブフロントアナライザというガイド役の指揮のもと、レーシック手術が行われます。


従来のレーシックでは、角膜の形状異常に対し、ガイドはいませんでした。
それと比べると、ウェーブフロントレーシックでは、角膜高次収差に対して解析をおこなうわけですから、乱視の矯正については理論上有利といえます。


ただし、ウェーブフロントレーシックは全ての症例に有効なわけではありません。
円錐角膜などの角膜形状異常には適応する事はできませんし、ハードコンタクトレンズでの乱視矯正には遙かに劣ってしまいます。


乱視の種類によっては、乱視用眼鏡の矯正にすら劣る場合もあるのです。


手術はすべてについていえることですが、完全はありません。
あらゆるリスクを想定して、そのリスクを冒すだけのメリットがあるのかどうかをよく熟慮したうえで、視力矯正の手術をするかどうかの判断をすべきでしょう。

この記事のカテゴリーは「視力矯正手術に関する治療の種類」です。

ウェーブフロントやラセック治療による視力回復までの流れ、視力矯正手術の種類と特徴、エピレーシック手術での利点と改善効果について理解して、ぜひとも実践して下さい!

関連記事

ウェーブフロントの手法について

現在、視力回復、矯正のために、視力矯正手術を希望する人がとても増えています。 ・レーシック ・イントラレーシック ・エピレーシック ・ウェーブフロント ・ラセック ・フェイキックIOL ・...

ラセック治療の手術内容

近頃、コンタクトレンズやメガネを使用しての視力回復や矯正を、わずらわしく感じて、視力矯正手術を受ける方が増えてきているそうです。 タイガー・ウッズ選手など、スポーツ選手の術例が多数報告されて、話題を呼...

エピレーシックの利点とは

視力矯正手術として、最も一般的方法なのが、「レーシック」です。 この正式名称は、「レーザー角膜屈折矯正手術」と言います。 レーシックのなかには、その一種として「エピレーシック」と言う方法があります。 ...

エピレーシックの回復効果

最近では、視力回復と矯正のために、従来のめがねやコンタクトレンズではなく、手術という方法を希望する人がとても急増しています。 最も一般的な方法なのは、レーシックですが、その他にもいろいろな新しい手術が...

手術の種類と歴史

視力を回復させたいというのは、日ごろのコンタクトレンズやメガネが、煩わいなど、嫌だというほど感じている人にとって、強い願望でしょう。 現在では、コンタクトレンズやメガネ以外の、視力矯正手術が行われるケ...