オルソケラトロジーの視力矯正【視力回復の基本(コンタクト)について】

Top >  視力回復の基本(コンタクト)について >  オルソケラトロジーの視力矯正

オルソケラトロジーの視力矯正

コンタクトレンズというと、通常では、昼間に装着して、視力を矯正するものだと思います。
しかし、そのコンタクトレンズを視力回復の手段として利用する、新しい方法として現在、話題になっている方法なのが「オルソケラトロジー」と言います。


オルソケラトロジーは、オルソレンズというコンタクトレンズを、夜間に装着するだけで、昼間の視力を回復させると言うものです。
視力回復の新しい方法としては、レーシックなどの手術が話題になっていますが、手術以外の方法として今後、さらに期待が寄せられる方法なのではないでしょうか。


オルソケラトロジーでは、寝ている間に高酸素透過性のコンタクトレンズを装用します。
それによって、近視を矯正するのです。


それぞれの個人の角膜の形状や近視の度数に合わせて、特殊なレンズを作成します。
そのレンズを夜間に装用するだけで、日中は裸眼で生活することが可能になるという方法です。


この方法は、軽度から中程度の近視の場合の視力回復に、非常に効果があるといわれます。
中程度の近視というのは、視力が0.05~0.1程度をいいます。


この程度なら、約1週間の治療で0.7~1.0ほどまで視力が回復すると予想されます。
また、近視の進行を予防するのにも効果があるといわれます。


オルソケラトロジーを装用して、その経過には個人差はありますが、不思議なほどに、朝になってコンタクトを外すとよく見えるようになり、1週間もすると効果が得られます。
非常に有効で、しかも安全な治療法だといわれています。

この記事のカテゴリーは「視力回復の基本(コンタクト)について」です。

安心して使用できるコンタクトの種類と装着効果、視力回復に人気のオルソケラトロジーの視力矯正について解説していますのでご覧になって下さい。

関連記事

コンタクトの治療効果

視力回復の基本なのが、メガネとコンタクトレンズであることは、さまざまな最新の治療法が開発されている現在においても、それに変わりはないようです。 しかし、酸素透過性のハードレンズの普及で、従来、コンタク...

オルソケラトロジーの視力矯正

コンタクトレンズというと、通常では、昼間に装着して、視力を矯正するものだと思います。 しかし、そのコンタクトレンズを視力回復の手段として利用する、新しい方法として現在、話題になっている方法なのが「オル...