手術の流れと治療費用【レーシック手術の内容と回復効果(2)】

Top >  レーシック手術の内容と回復効果(2) >  手術の流れと治療費用

手術の流れと治療費用

近年、視力回復の新しい方法として「レーシック」という手術が、とても話題になっています。


しかし、あくまで手術ですから不安が伴うと思いますし、まだ歴史が浅いことから安全性が確立していません。
実際、レーシックの手術がどのような流れで進むのが、一般的な例をご紹介したいと思います。


1)相談


・まずは、相談をしてから、カウンセリングを受けながら、予約を入れます。
 ちなみにレーシックの場合、料金は、両眼で15000円ほどかかるようです。
 ただし、片眼ずつにわけて手術した場合には、料金が変わってくることがありますので、ご相談の眼科にご確認ください。


2)カウンセリング、適応検査、術前検査


・詳しく検査を行い、レーシック手術を受けられるかどうかを調べます。
 それに基づき、医師やスタッフが、細かいカウンセリングを行います。
 この時点で、自分の希望や不安点などをきちんと伝え、納得することが大切です。
 また、目の病気がないかどうかの一般的な検査も、必ず受けておくべきでしょう。


・さらに専門の検査医による、精密検査が行われ、レーザーの照射量を決定するために正確な視力検査が行われます。


3)手術当日


・検査、説明、手術、さらに休息してから帰宅となりますが、全体で3時間ほどかかります。
 当日、は瞳孔を開いて目の奥を検査するための目薬をさします。
 瞳孔がもとの状態にもどるまでに4~5時間かかることから、その間、まぶしかったり、細かい文字が見えづらくなります。
 また、術後は視力が安定しないことからも、ご本人での車の運転を控えるべきです。


4)術後検査


・手術の翌日、1週間後、1ヵ月後に検診を受けます。

この記事のカテゴリーは「レーシック手術の内容と回復効果(2)」です。

レーシック手術における治療の効果とカウンセリング内容、イントラレーシック治療の視力回復・矯正効果、レーザー角膜屈折矯正手術の利点と欠点についての分かりやすいまとめはこちらです!!

関連記事

手術の流れと治療費用

近年、視力回復の新しい方法として「レーシック」という手術が、とても話題になっています。 しかし、あくまで手術ですから不安が伴うと思いますし、まだ歴史が浅いことから安全性が確立していません。 実際、レー...

イントラレーシック手術とは

最近では、メガネやコンタクトレンズを使用せずに、視力の回復・矯正をする方法として、視力矯正手術を受ける人がとても増えています。 最も一般的な方法なのは「レーシック」(正式には「レーザー角膜屈折矯正手術...

レーシック手術の利点と欠点

視力回復を願って、メガネやコンタクトレンズ以外の方法として、手術を希望する人が、最近急増しています。 メガネを使用しなくてもいい、などの利点がある一方で、歴史が浅い手術であることからも、術法が確立して...

レーシックにおけるリスクと危惧

視力回復、あるいは視力矯正の方法として、最近とても注目されているのが、レーシックと言う方法です。 めがねやコンタクトレンズが要らなくなることから、スポーツ選手などで、このレーシック手術を受けた人が多く...

レーシック治療の受診制限

視力回復のための最新の方法として、特に注目されているのが「レーシック」と言う方法です。 このレーシックというのは、角膜屈折矯正手術の一種です。 目の表面の角膜に、エキシマレーザーを照射して、角膜の曲率...