日本の眼科と老眼治療【老眼治療の種類と回復効果】

Top >  老眼治療の種類と回復効果 >  日本の眼科と老眼治療

日本の眼科と老眼治療

一昔前まで、老眼治療を日本で行うことはできない状況でした。
しかし、2004年からは日本の眼科において、老眼治療ができるようになりました。


その治療方法とは、アメリカのFDAという日本においては厚生労働省にあたる機関から、認可を受けている唯一の治療方法です。


この治療方法は、目の角膜部分にラジオ波を当てることにより、目のコラーゲン組織を収縮させて角膜をカーブさせるという手術方式になります。
この手術を行うと、角膜がカーブすることになり、近くの物がはっきり見えるようになるということになります。


一方、この手術を受けることによって懸念されるのが、遠くは見えづらくなるのではないかということです。
極端に見えなくなると言った状態にはなりませんので、気にしなくても大丈夫でしょう。


この手術は、3~5分と非常に簡単に行うことができます。
短時間の手術で、老眼治療の効果としては、かなりの期待ができるようになっています。


ただし、皆が皆、この治療方法が適用されるわけではありません。
事前に適応検査を受けて、パスした方だけ受けることができますので、きちんと検査は受けるようにしましょう。


検査には角膜形状解析と、角膜内皮細胞検査を受ける必要があります。


手術を望むのであれば、術前に担当の医師の説明をよく聞き、必ず理解した上で受けるようにしましょう。
不安点や疑問点などは全て明確にしておいてから、手術に望むようにすることが大切です。


しかし注意する点があります。
手術を受けたからと言って、全ての人が老眼が改善されると言うわけではありません。
まれに改善されない人もいるようですので、その点は了承しておいた方がいいと思われます。

この記事のカテゴリーは「老眼治療の種類と回復効果」です。

日本の眼科による老眼の治療内容と手術の行ない方、専門医における治療のリスクと回復効果、視力回復による専門知識の重要性について解説します!

関連記事

日本の眼科と老眼治療

一昔前まで、老眼治療を日本で行うことはできない状況でした。 しかし、2004年からは日本の眼科において、老眼治療ができるようになりました。 その治療方法とは、アメリカのFDAという日本においては厚生労...

治療におけるリスクとは!?

今回は、老眼治療におけるリスクをご紹介しますので、ご参考ください。 老眼治療の方法としてCK(伝導性角膜形成技術)という治療方法があります。 CKの治療法は、比較的安全で簡単だと言われています。 しか...

老眼を回復させるには

老眼は、いずれ誰にでも訪れる時が来る、眼の老化現象のひとつだと思います。 老眼になってしまうと、殆どの人がもう二度と元には戻らないなどとあきらめてしまいがちです。 しかし、あきらめるのはまだ早いですよ...

進行を防ぐ老眼予防法

老眼は、文字のごとく「眼の老化現象」のひとつになります。 人間は誰しも老化していきますので、老眼自体の進行を予防することは難しいのではないかとされています。 しかし、実際に老眼になってしまった場合に、...

老眼治療について

老眼になってしまった人は、現在どのように日常生活を送っているのでしょうか? おそらく一般的には、老眼鏡や老眼用のコンタクトレンズを使用している可能性が高いのではないかと思われます。 視力矯正を簡単に行...