角膜を削らないCK治療とは【老眼治療と技術の進歩】

Top >  老眼治療と技術の進歩 >  角膜を削らないCK治療とは

角膜を削らないCK治療とは

老眼を治療する方法のひとつに、現在注目されている「レーシック」による治療方法があります。


レーシックは、角膜を削ることで目のピントを合わせると言った方法です。
しかし、角膜を削ると言った行為に、どうしても抵抗を感じる方は多くいらっしゃると思われます。


そこで、老眼治療には「伝導性角膜形成技術(略してCK)」という、角膜を削らなくても良い治療方法があります。


伝導性角膜形成技術(CK)は、具体的にはどのような技術なのでしょうか?


CKという治療法では、ラジオ波と呼ばれる高周波を角膜に当てます。
すると、角膜にあるコラーゲン組織が一部収縮します。


この収縮を使って、角膜をカーブさせていき、レーシックと同じように遠近両用レンズを作り上げると言う技術、治療法なのです。


遠近両用とは、もともと老眼の場合、遠くは見えるのだから角膜の中心部分はそのままにしておくのです。
角膜の周辺部分だけに治療をして近くを見えるようにすることで、遠くのものも近くのものもはっきり見えるようになると言うものです。


手術するときは、点眼麻酔が用いられますから、痛みはないと思われます。
手術自体は、3~5分程度と非常に短い時間で終わります。
術後は多少の違和感や痛み、乾きなどがあるかもしれませんが、慣れと点眼薬で大丈夫だと思います。


レーシックと流れ自体は似たようなものですが、CKの方が比較的簡単に終わるのではないかと思います。


老眼は治したいけど角膜を削るのは怖いと思っている方には、伝導性角膜形成技術(CK)はとてもいい情報なのではないかと思いますので是非資料を請求してみるなどしてみてはいかがでしょうか。

この記事のカテゴリーは「老眼治療と技術の進歩」です。

日常生活が楽しくなる治療技術の進歩とメリット、老眼による身体的症状の種類と様々な改善策、角膜を削らないCK治療の行ない方と手術の効果や自分で行なう目を鍛えるトレーニング法について理解して、ぜひとも実践して下さい!

関連記事

治療の優れた効果について

現在、老眼で老眼鏡をかけるような生活を送っている方は、多くいらっしゃることでしょう。 もし老眼が治るのであれば、どんなに楽になるか、時々考えることはありませんか? もし、老眼が治った場合、日常生活にお...

角膜を削らないCK治療とは

老眼を治療する方法のひとつに、現在注目されている「レーシック」による治療方法があります。 レーシックは、角膜を削ることで目のピントを合わせると言った方法です。 しかし、角膜を削ると言った行為に、どうし...

治療に関する技術の発展

今までの通説によれば、老眼と言うのは一度なってしまうと治ることがなく、後は進行していくだけと言うような受け取れますよね。 老眼は徐々に進行するものと思っていはいても、老眼鏡をかけないで新聞や本が読めた...

目を鍛えるトレーニング法

皆さんは「老眼」という言葉は知っているかと思うますが、具体的にはどのような状態になのかもご存知ですか? 老眼ということは、目のレンズの役割を果たしている水晶体の部分が今までとは違って、バランスよく機能...

老眼予防について

老眼になると、老眼治療をすることを考える方が多くいらっしゃると思います。 老眼になる前に、老眼予防をしておくようにすると、そういったことも考えなくてよくなると思います。 その予防方法として、栄養素とい...

老眼治療の流れについて

「老眼治療」をしようと決意した方にとっては、どういった流れで治療が行われるのかは、十分に知っておく必要があると思います。 以下に簡単ではありますが、治療に関する一連の流れをご説明します。 ただし、あく...