遠近両用眼内レンズ治療とは【老眼の症状に関する基礎知識】

Top >  老眼の症状に関する基礎知識 >  遠近両用眼内レンズ治療とは

遠近両用眼内レンズ治療とは

現在、老眼を治療するにはさまざまな方法が考えられます。
その中のひとつとして、「遠近両用眼内レンズ」という治療方法があげられます。


遠近両用眼内レンズの方法には、老眼や白内障の画期的な治療方法として注目を集めている治療方法です。
このレンズをかけることによって、今までより遠くのものを楽に見ることができるようになり、また近くも見えるようになるという治療方法です。


遠近両用眼内レンズは、従来の白内障の治療では成し得なかった老眼治療にも、対応することができるということが明らかになってきたようです。


「遠近両用眼内レンズ」の手術方法と言うのは、白内障の手術の方法と変わりません。
ですから、この手術は白内障の手術をたくさん経験している眼科医がいるところで行う方が成功性も高く、安全性も高くなるということになります。


現在、日本国内においても老眼治療としての症例数が、増加していると言われています。


白内障の手術では、ピントがひとつしか作れないために、手術後は遠くに焦点を当てるようになるために遠くはよく見えるようになると思います。
しかし、逆に近くは見えづらいために、老眼鏡を使用しなければならないという欠点があると思います。


ここでお話した遠近両用眼内レンズは、「多焦点眼内レンズ」というものを使用していきます。
多焦点眼内レンズには、1枚で5つもの焦点を割り当てられることができます。
これによって、どのような距離の視界も大丈夫なようになると思います。


遠近両用眼内レンズの治療法を行った場合、この先に視力が変わっていったとしても、レーシックという手術方法で補正することができるようになります。

この記事のカテゴリーは「老眼の症状に関する基礎知識」です。

老眼と近視の症状における違いと老眼鏡による補正の行ない方、遠近両用眼内レンズによる治療方法やレーシック手術への正しい知識についての読みやすいレポートです。

関連記事

老眼と近視の症状について

「老眼」という言葉は、いずれ自分も経験するのかと思うと、なんとなく悲しく響いてきます。 老眼になってしまうと、治療をしたり対策をしたりと色々試してみる人もいることでしょう。 そこで、老眼のいろんな知識...

老眼鏡の補正方法

老眼治療は、何も手術をするだけが治療方法ではありません。 手術以外でも、老眼治療をすることは可能だと思います。 その方法のひとつとして、一般的なところでは、老眼鏡による補正を行うという治療方法がありま...

遠近両用眼内レンズ治療とは

現在、老眼を治療するにはさまざまな方法が考えられます。 その中のひとつとして、「遠近両用眼内レンズ」という治療方法があげられます。 遠近両用眼内レンズの方法には、老眼や白内障の画期的な治療方法として注...

レーシックと老眼の関係性

最近注目されている「レーシック」に対して、誤解をしている方が多いように思えます。 たとえば、「レーシックをすると老眼が強くなってしまう」といった内容です。 レーシック手術ををすると、老眼になるのが早く...

事前の老眼予防対策

誰でも年齢を重ねれば老眼にはなってしまう印象がありますが、もし予防策があるのなら、事前に知っておきたいと思いませんか。 では、老眼の予防策とは、いったいどんなものがあるのでしょうか? 老眼になるのには...