手術以外の老眼治療方法【老眼治療の種類と回復効果(2)】

Top >  老眼治療の種類と回復効果(2) >  手術以外の老眼治療方法

手術以外の老眼治療方法

老眼治療には、近頃注目されている「レーシック」や「CK(伝導性角膜形成技術)」と言った手術方法も選択肢にあげられます。


しかし、レーシックもCKも手術することになりますから、それが怖いと敬遠する人も中にはたくさんいると思います。そういった人の為に、手術以外の方法で老眼治療ができる方法はないかと探してみました。そこで挙げられるのが「食事療法」という老眼治療方法です。


何をいまさらというくらい基本的な方法だと思いますし、手術で得られるような劇的な回復は期待できないとは思いますが、進行を少しずつでも遅らせたり、回復させたりすることはできると思います。またメリットとしては目に傷をつけることなく、健康的に老眼治療をすることができるということになります。これは最もリスクが少ないと言われる老眼治療方法になるのではないでしょうか。


老眼は、目のピントをあわせる力が、徐々に弱まっていくことから始まります。
目のピントを合わせるための筋肉が衰えてくるために、起きてしまう老化現象のひとつと言われています。


老化現象は、誰でも年齢を重ねていくと徐々に現れてくるものなので、アンチエイジングを行うことで、ある程度改善できるのではないかと思われます。


では老眼をできるだけ遅らせるためには、実際にどうやって食事療法を行っていけば良いのでしょうか?
そのためには、目の神経に関する機能を向上させるような食事を、意識的に取り入れることでしょう。


例えば、血液サラサラ効果がある食べ物、ビタミンA、ビタミンEなどが多く含まれている食べ物を摂取していきましょう。
それにはごぼう、ひじき、ほうれん草などがいいと思われます。


眼に良いとされる食べ物は、インターネットで調べたり、専門の人が教えてくれたりするような場所に相談してみるのも効果的だと思います。

この記事のカテゴリーは「老眼治療の種類と回復効果(2)」です。

レーシック手術による老眼の回復効果とコンタクトレンズの視力回復法、エピレーシックによる治療内容や自分で行なう予防対策法について解説していますのでご覧になって下さい。

関連記事

レーシック治療の効果とは

何となく今までとは違ってものが見えなくなり、老眼の予兆が出始めた頃に、老眼治療を始めようと考える方が多いのではないでしょうか。 老眼は、たいてい50代後半くらいから出始めてきますが、早い人だと40代位...

コンタクトレンズの発達

いよいよ老眼になってしまったら、今後どうしようかと考えるますよね。 最近では、老眼治療も発達してきていて老眼鏡だけでなく選択肢も増えています。 そして、老眼治療の手術をすれば回復するという結果まででて...

エピレーシック治療とは!?

現在、老眼治療の方法には色々な種類があります。 その中の一つに「レーシック」という治療方法が存在します。 レーシックの中にもさまざまな種類があり、その中に「エピレーシック(Epi-LASIK)」という...

老眼予防と自己対策

老眼の症状が出始めてくると、老眼鏡を購入したり老眼治療をしたりと、金銭的にも負担がかかってきます。 老眼になると、老化現象のがいよいよ始まったと落ち込んだり、精神的にも大変になってくると思います。 早...

手術以外の老眼治療方法

老眼治療には、近頃注目されている「レーシック」や「CK(伝導性角膜形成技術)」と言った手術方法も選択肢にあげられます。 しかし、レーシックもCKも手術することになりますから、それが怖いと敬遠する人も中...