コンタクトレンズの発達【老眼治療の種類と回復効果(2)】

Top >  老眼治療の種類と回復効果(2) >  コンタクトレンズの発達

コンタクトレンズの発達

いよいよ老眼になってしまったら、今後どうしようかと考えるますよね。


最近では、老眼治療も発達してきていて老眼鏡だけでなく選択肢も増えています。
そして、老眼治療の手術をすれば回復するという結果まででてきています。


しかし、手術をして角膜を削ったりすることに抵抗がある人は、まだまだ大勢いらっしゃるでしょう。


手術を避けたい人は、まず老眼鏡を使用することを考えると思います。
逆に、老眼鏡をかけることに抵抗がある人も、もちろんいらっしゃいます。


そんな方が選んでいるのが、外見を変えずに視力矯正ができるコンタクトレンズの使用だと思います。
加齢が原因で老眼になった場合に、今までコンタクトレンズを使用していなかった人が、コンタクトレンズを使うと言ったことはあまり見受けられませんが、眼を酷使したことが原因で老眼になった人で比較的若い世代の人はコンタクトレンズを使用する人が多いようです。


昔は、コンタクトレンズも種類があまりありませんでした。
けれど、今では老眼用にも対応できるものとして、遠近両用レンズを使用できるようになるまでに至っています。


もとが近視のコンタクトレンズをしている人の場合でも、老眼になってしまうとまた違う調節をして老眼用(遠近両用)にしなければならないので、そのまま使い続けないようにしてください。


コンタクトレンズは視力を矯正するのではいいと思うのですが、デメリットももちろんあります。
コンタクトレンズはお手入れが必要になってくること、メガネよりは頻度をあげて調節にいかなければならないことなどがあります。


コンタクトレンズと老眼鏡のメリットとデメリットをよく考慮して、自分の納得のいく方を選ぶようにしましょう。

この記事のカテゴリーは「老眼治療の種類と回復効果(2)」です。

レーシック手術による老眼の回復効果とコンタクトレンズの視力回復法、エピレーシックによる治療内容や自分で行なう予防対策法について解説していますのでご覧になって下さい。

関連記事

レーシック治療の効果とは

何となく今までとは違ってものが見えなくなり、老眼の予兆が出始めた頃に、老眼治療を始めようと考える方が多いのではないでしょうか。 老眼は、たいてい50代後半くらいから出始めてきますが、早い人だと40代位...

コンタクトレンズの発達

いよいよ老眼になってしまったら、今後どうしようかと考えるますよね。 最近では、老眼治療も発達してきていて老眼鏡だけでなく選択肢も増えています。 そして、老眼治療の手術をすれば回復するという結果まででて...

エピレーシック治療とは!?

現在、老眼治療の方法には色々な種類があります。 その中の一つに「レーシック」という治療方法が存在します。 レーシックの中にもさまざまな種類があり、その中に「エピレーシック(Epi-LASIK)」という...

老眼予防と自己対策

老眼の症状が出始めてくると、老眼鏡を購入したり老眼治療をしたりと、金銭的にも負担がかかってきます。 老眼になると、老化現象のがいよいよ始まったと落ち込んだり、精神的にも大変になってくると思います。 早...

手術以外の老眼治療方法

老眼治療には、近頃注目されている「レーシック」や「CK(伝導性角膜形成技術)」と言った手術方法も選択肢にあげられます。 しかし、レーシックもCKも手術することになりますから、それが怖いと敬遠する人も中...