Top >  国別の新型インフルエンザ対策

国別の新型インフルエンザ対策一覧

厚生労働省が策定するガイドライン

現在日本においては、新型インフルエンザが発生した場合の対策を、厚生労働省で立てています。 「新型インフルエンザ対策ガイドライン」という、新型インフルエンザ対策本部を設置し策定しました。 新型インフルエ...

プレパンデミックワクチン使用の優先順位

国は、『プレパンデミックワクチンは、パンデミックワクチンの供給体制が整うまでの間、国民の生命や最低限度の生活を守るために、緊急的に医療従事者及び社会機能維持者に対して接種する』としています。 その優先...

アメリカと日本の予防対策の相違点

関係する地域で新型インフルエンザが発生した場合、一番の対策としては外出をしないことだと思いますが、それは難しいですよね。 それに備えてアメリカでは、ドライブスルー方式でのワクチン接種の訓練までしている...

スイスうやイギリスと日本の対策の相違点

日本は、新型インフルエンザへの対応がかなり遅れているのが現状です。 日本は先進国であるにも関わらず、どうしてこうも対処が遅れてしまうのか非常に残念です。 スイスやフィンランド、イギリスでは、プレパンデ...

高齢者に有効な「肺炎球菌ワクチン」

高齢者が新型インフルエンザを発症した場合、一番怖いのは肺炎を併発することでしょう。 これに対応して、「肺炎球菌ワクチン」というものがあります。 肺炎球菌ワクチンとは、肺炎球菌によって引き起こされる、さ...

国別の新型インフルエンザ対策

アメリカやヨーロッパの国での、新型インフルエンザの予防対策の取り入れ方を、日本と比較して検証しています。