アメリカと日本の予防対策の相違点【国別の新型インフルエンザ対策】

Top >  国別の新型インフルエンザ対策 >  アメリカと日本の予防対策の相違点

アメリカと日本の予防対策の相違点

関係する地域で新型インフルエンザが発生した場合、一番の対策としては外出をしないことだと思いますが、それは難しいですよね。


それに備えてアメリカでは、ドライブスルー方式でのワクチン接種の訓練までしているそうです。
既にアメリカの薬局等では、ドライブスルーが一般的になっています。


アメリカでは、鳥インフルエンザから作った「プレパンデミックワクチン」を、国民全員分用意したとしています。
プレパンデミックワクチンの、配布順や接種順を決めています。


日本では、いまだに国民の6分の1程度しか、プレパンデミックワクチンがないとされています。
このように、アメリカと日本の対策の違いは、歴然としています。


また、人工呼吸器が多く必要になるとして、アメリカでは予備の人工呼吸器を多く準備しています。
さらに、それでも足りなくなる場合を想定して、呼吸器の優先順位を決め、助かる見込みの大きい患者から優先的に使用するということまで決めています。


医療関係者が患者に優先順位をつけることに対して罪悪感を覚えなくても済むように、メンタルトレーニングをしていると言います。


日本では、人工呼吸器の予備すら用意していないという現状です。


また、新型インフルエンザが発生した場合、アメリカでは若者が先と決まっています。
それは、若者の方が重症化すると考えられるからです。


治療薬のタミフルに対する備蓄も、アメリカでは全国民に行き渡るよう準備していますが、日本では足りない状態です。

アメリカ以外の諸外国も、日本に比べ、対策が進んでいるところが数多く見られます。
日本は、議論ばかり長引き、実際の行動に移す時間が多く取られすぎているのではないかと思われます。


新型インフルエンザに対しては、早急な対応が求められるため、今の段階から先々のことを考えて対策を練ることが一番大切だと考えられます

この記事のカテゴリーは「国別の新型インフルエンザ対策」です。

アメリカやヨーロッパの国での、新型インフルエンザの予防対策の取り入れ方を、日本と比較して検証しています。

関連記事

厚生労働省が策定するガイドライン

現在日本においては、新型インフルエンザが発生した場合の対策を、厚生労働省で立てています。 「新型インフルエンザ対策ガイドライン」という、新型インフルエンザ対策本部を設置し策定しました。 新型インフルエ...

プレパンデミックワクチン使用の優先順位

国は、『プレパンデミックワクチンは、パンデミックワクチンの供給体制が整うまでの間、国民の生命や最低限度の生活を守るために、緊急的に医療従事者及び社会機能維持者に対して接種する』としています。 その優先...

アメリカと日本の予防対策の相違点

関係する地域で新型インフルエンザが発生した場合、一番の対策としては外出をしないことだと思いますが、それは難しいですよね。 それに備えてアメリカでは、ドライブスルー方式でのワクチン接種の訓練までしている...

スイスうやイギリスと日本の対策の相違点

日本は、新型インフルエンザへの対応がかなり遅れているのが現状です。 日本は先進国であるにも関わらず、どうしてこうも対処が遅れてしまうのか非常に残念です。 スイスやフィンランド、イギリスでは、プレパンデ...