あると役立つ常備薬と日用品【新型インフルエンザに感染する前に】

Top >  新型インフルエンザに感染する前に >  あると役立つ常備薬と日用品

あると役立つ常備薬と日用品

新型インフルエンザが発生したときに備えて、ご家庭では薬局で購入できる医薬品をいくつか用意しておいた方が良いでしょう。


まずは、常備薬に関して話していきます。


常備薬として、胃腸薬や風邪薬、持病の薬などを多めに用意しておきましょう。


解熱剤は、成分をよく確かめてから購入することをおすすめします。
アスピリン系は注意が必要なので、アセトアミノフェンを常備薬としておくとよいでしょう。


包帯やガーゼ、ばんそうこうなども用意しましょう。
喉が痛くなったらすぐに使えるよう、うがい薬も必要品です。


それから、新型インフルエンザの患者がいた場合の予防策として、マスクは必須です。
マスクのほかに、ゴム手袋や消毒用のアルコールもあるとよいでしょう。


消毒用のアルコールは、現在多くの種類が売られるようになっています。
ワンプッシュするだけで、簡単に手をアルコール消毒できますので大変便利です。


また、家族の中に新型インフルエンザにかかってしまった患者がいる場合、水枕や保冷剤、解熱シートも必要になってきます。


洗剤や漂白剤は、多めにストックしておくと安心です。
できれば、次亜塩素酸入りのタイプが好ましいです。
患者の汚物が出た場合は、洗濯物を分別して消毒しましょう。


トイレットペーパーやティッシュペーパー、ウェットティッシュなどの紙類もたくさん必要になると思われます。


それ以外に、ビニール袋を用意しておくと便利です。
患者のウィルスに侵されたゴミを、ビニール袋に入れて捨てます。
その袋を密封できると、さらに予防できます。


赤ちゃんのいるご家庭は、おむつやミルク、乳幼児用の薬も用意しておきましょう。
病気になったとしても、新型インフルエンザが充満する医者の病室で待たせることは、赤ちゃんにとっては非常に酷です。
少しの病気であれば、ご家庭で治すように努力しましょう。


常備薬となるような医薬品は薬局で購入できるため、ご家庭に備えておきましょう。

この記事のカテゴリーは「新型インフルエンザに感染する前に」です。

新型インフルエンザが発生した時のことを考えて、備えておくと便利な食品や常備薬をご紹介。また、自分や家族が感染してしまった時の対処法などもご紹介しています。

関連記事

ウィルスと湿度の関係

インフルエンザウィルスが流行する時期は、決まって寒くなってからですが、一体どうしてなのでしょうか。 ウィルスが繁殖するのに最適な温度は、20度前後と言われています。 そして湿度は20%前後という環境が...

家族が感染した時の対処法

万が一、家族の中で誰かが新型インフルエンザに感染してしまったら、どのような対処をすればよいのでしょうか。 新型インフルエンザの感染力は大きいので、他の家族が新型インフルエンザに感染しないために、細心の...

自宅待機時に必要な食料品

新型インフルエンザが発生して徹底的に予防したいのであれば、最低でも2週間は家にこもることが有効だとされています。 それでは実際、自宅待機をすることになった場合、家庭では何を用意しておくべきなのか考えて...

あると役立つ常備薬と日用品

新型インフルエンザが発生したときに備えて、ご家庭では薬局で購入できる医薬品をいくつか用意しておいた方が良いでしょう。 まずは、常備薬に関して話していきます。 常備薬として、胃腸薬や風邪薬、持病の薬など...