自宅待機時に必要な食料品【新型インフルエンザに感染する前に】

Top >  新型インフルエンザに感染する前に >  自宅待機時に必要な食料品

自宅待機時に必要な食料品

新型インフルエンザが発生して徹底的に予防したいのであれば、最低でも2週間は家にこもることが有効だとされています。
それでは実際、自宅待機をすることになった場合、家庭では何を用意しておくべきなのか考えてみましょう。


自宅待機をする場合に必要な食料品には、以下のような食材が考えられます。


【主食として長期保存できる食材】
米、切りもち、乾麺類(そば、うどん、そうめんなど)、コーンフレーク、シリアル類、乾パンなどが挙げられます。


主食は家族全員分を備えるとなれば、かなりの量が必要になるでしょう。
逆に言えば、主食さえ確保しておけば、暫くはなんとか生きていくことはできます
主食になる食材の殆どが長期保存可能ですから、普段から余裕をみて購入しておくと安心でしょう。


【その他の食料品】
塩、砂糖、しょうゆなどの各種調味料も必要ですよね。
基本的な調味料は、ご家庭で調理しようとすれば必要となってきます。


保存用と言っても、次々に使ってしまいそうなものでありますし、賞味期限もあります。
こまめに日にちや量をチェックして、随時補充しておきましょう。


また、レトルト食品や、フリーズドライ、インスタントラーメンなどの乾物系も常備しておくと何かと便利です。
レトルト食品は、最近ではバラエティ豊かな商品が販売されています。


とくに一人暮らしの場合、お湯に入れるだけのお粥などのレトルト食品が家にあると、調子の悪い時に重宝するでしょう。
このようなレトルト商品は長期保存可能ですから、ある程度買っておくことをおすすめします。


【缶詰類】
缶詰は、昔から地震の時の避難用備蓄として知られている食材です。
ジャムや栄養補給食品をいくつか常備しておくと、緊急時に役立ちます。


【ミネラルウォーター】
最悪の場合、ライフラインが止まってしまうことを想定すると、ミネラルウォーターはかなりの量が必要になります。


人間は、水がないと生きていけません。
ペットボトルや缶入りの飲料などでも、あれば十分役に立ちます。
スポーツドリンクは、病気の人の水分補給に大変有効です。


これらの食料品を、最低でもひとり2週間分、2か月分ぐらい保存しておけば人安心でしょう。
食材を常備しておく際は、家族全員分の量を考えることを忘れないようにしてください。

この記事のカテゴリーは「新型インフルエンザに感染する前に」です。

新型インフルエンザが発生した時のことを考えて、備えておくと便利な食品や常備薬をご紹介。また、自分や家族が感染してしまった時の対処法などもご紹介しています。

関連記事

ウィルスと湿度の関係

インフルエンザウィルスが流行する時期は、決まって寒くなってからですが、一体どうしてなのでしょうか。 ウィルスが繁殖するのに最適な温度は、20度前後と言われています。 そして湿度は20%前後という環境が...

家族が感染した時の対処法

万が一、家族の中で誰かが新型インフルエンザに感染してしまったら、どのような対処をすればよいのでしょうか。 新型インフルエンザの感染力は大きいので、他の家族が新型インフルエンザに感染しないために、細心の...

自宅待機時に必要な食料品

新型インフルエンザが発生して徹底的に予防したいのであれば、最低でも2週間は家にこもることが有効だとされています。 それでは実際、自宅待機をすることになった場合、家庭では何を用意しておくべきなのか考えて...

あると役立つ常備薬と日用品

新型インフルエンザが発生したときに備えて、ご家庭では薬局で購入できる医薬品をいくつか用意しておいた方が良いでしょう。 まずは、常備薬に関して話していきます。 常備薬として、胃腸薬や風邪薬、持病の薬など...