家族が感染した時の対処法【新型インフルエンザに感染する前に】

Top >  新型インフルエンザに感染する前に >  家族が感染した時の対処法

家族が感染した時の対処法

万が一、家族の中で誰かが新型インフルエンザに感染してしまったら、どのような対処をすればよいのでしょうか。
新型インフルエンザの感染力は大きいので、他の家族が新型インフルエンザに感染しないために、細心の注意を払うことが必要となってきます。


マスクは、患者だけでなく家族全員が必ず着用してください。
ゴーグルもあるのならば、それも着けたほうが好ましいでしょう。


また、使い捨て用の手袋を使用することも有効です。
患者と接することは、極力避けて行動した方が良いでしょう。


一室を患者の部屋にあててドアを閉めて、その部屋の換気をこまめに行うようにしましょう。
その際、室内の温度は20度前後に、湿度を高めに保つため加湿器をつけておきましょう。


患者の排泄物が出た場合、ビニール手袋をつけて、直接手で触れないように処理します。
ティッシュなども、ビニール袋に入れて密封して捨ててください。


熱がひどい時は、氷枕や解熱用の貼付シート、保冷枕などを使用して、頭と脇の下を冷やします。
脱水症状を起こさないように、スポーツドリンクなどの水分を補給しましょう。
また、消化のよい食事やビタミンを補給します。


下痢をしている家族とは、お風呂の湯を別にしてください。
患者が入った後は丁寧に洗い、タオルも必ず別のものを用意しましょう。
患者が湯船に入りたい場合は、必ず身体中綺麗に洗ってから、湯船に入るようにしましょう。


ここで注意したいのは、解熱剤の使用です。


とくに小児が服用する薬は十分な注意が必要で、必ず医師の指示に従ってください。
アスピリンなどを使用した場合、インフルエンザ脳症を引き起こす可能性があります。


また、治りかけた頃も注意が必要になってきます。
治ったと思っても、数日はウィルスが身体の中に潜んでいるのです。


家族や周囲の人に移さないためにも細心の注意を払って、ウィルスをまき散らさないよう気をつけてください。

この記事のカテゴリーは「新型インフルエンザに感染する前に」です。

新型インフルエンザが発生した時のことを考えて、備えておくと便利な食品や常備薬をご紹介。また、自分や家族が感染してしまった時の対処法などもご紹介しています。

関連記事

ウィルスと湿度の関係

インフルエンザウィルスが流行する時期は、決まって寒くなってからですが、一体どうしてなのでしょうか。 ウィルスが繁殖するのに最適な温度は、20度前後と言われています。 そして湿度は20%前後という環境が...

家族が感染した時の対処法

万が一、家族の中で誰かが新型インフルエンザに感染してしまったら、どのような対処をすればよいのでしょうか。 新型インフルエンザの感染力は大きいので、他の家族が新型インフルエンザに感染しないために、細心の...

自宅待機時に必要な食料品

新型インフルエンザが発生して徹底的に予防したいのであれば、最低でも2週間は家にこもることが有効だとされています。 それでは実際、自宅待機をすることになった場合、家庭では何を用意しておくべきなのか考えて...