ウィルスと湿度の関係【新型インフルエンザに感染する前に】

Top >  新型インフルエンザに感染する前に >  ウィルスと湿度の関係

ウィルスと湿度の関係

インフルエンザウィルスが流行する時期は、決まって寒くなってからですが、一体どうしてなのでしょうか。


ウィルスが繁殖するのに最適な温度は、20度前後と言われています。
そして湿度は20%前後という環境が、ウイルスが繁殖するのにベストな状況だそうです。


インフルエンザウィルス以外のウィルスであっても、病原菌ウィルスは乾燥を最も好みます。


新型インフルエンザが流行した場合、家庭でできることは、加湿を心がけることです。
湿度を50%~60%に保って、換気をこまめにしましょう。


加湿器はもちろん、空気清浄機を利用することも有効です。
最近では、ウィルスを攻撃したり除去したりするフィルターを備え付けた空気清浄機も数多く販売されています。


また、空気清浄機で加湿もできるタイプもあります。
病原菌ウィルス対策のためにも、ご家庭に合った加湿器や空気清浄機を準備しておくとよいでしょう。


ご家庭に加湿器がない場合は、濡れタオルを掛けておくだけでも効果はあります。
洗濯物を室内に干せば、それだけでも加湿となります。


新型インフルエンザだけでなく、通常のインフルエンザや風邪の時でも同じです。
室内の湿度は、大変重要となってきます。
インフルエンザや風邪を予防するためにも、常に加湿を心がけておきましょう。


ただし、古い加湿器は逆効果になる可能性があります。
加湿器を使用する際は、必ずフィルターなどを掃除して衛生的に保つようにしましょう。


換気をすることは空気の入れ替えとなり、室内に漂っているウィルスを外に出すことができます。
たとえ寒いひであっても、1時間に1度は換気をして、新しい空気を室内に入れてください。


特に、外出先から帰宅すると同時に、室内にウィルスを持ち込んだ可能性が高いです。
インフルエンザや風邪をひかない対策として、まずは換気をして、きちんと加湿して、室内の環境を保ってください。

この記事のカテゴリーは「新型インフルエンザに感染する前に」です。

新型インフルエンザが発生した時のことを考えて、備えておくと便利な食品や常備薬をご紹介。また、自分や家族が感染してしまった時の対処法などもご紹介しています。

関連記事

ウィルスと湿度の関係

インフルエンザウィルスが流行する時期は、決まって寒くなってからですが、一体どうしてなのでしょうか。 ウィルスが繁殖するのに最適な温度は、20度前後と言われています。 そして湿度は20%前後という環境が...

家族が感染した時の対処法

万が一、家族の中で誰かが新型インフルエンザに感染してしまったら、どのような対処をすればよいのでしょうか。 新型インフルエンザの感染力は大きいので、他の家族が新型インフルエンザに感染しないために、細心の...