不織布マスクとN95マスク【新型インフルエンザの予防策】

Top >  新型インフルエンザの予防策 >  不織布マスクとN95マスク

不織布マスクとN95マスク

新型インフルエンザのパンデミック(世界的大流行)が発生した場合、新型インフルエンザに感染してしまった人も、まだ感染していない人も、マスクを着用ことはとても大切です。


新型インフルエンザに感染した人がマスクを着用するのは、周りに移さないようにするためのエチケットにもつながります。
マスクをして、ウィルスを飛び散らせないようにしなければなりません。


まだ新型インフルエンザにかかっていない人でも、他人から移されない自己防衛の手段として、マスクを着用することを推奨します。


厚生労働省が推奨しているマスクは、「不織布(ふしょくふ)製マスク 」というものです。
不織布マスクは、主として「プリーツ型」と「立体型」があります。


どちらのタイプも原則として使い捨てで、薬局やコンビニエンスストアなどで購入することができます。
しかし、マスク自体が売り切れて購入できなくなる恐れもありますので、事前に購入しておきましょう。


また、「N95マスク」と言って、医療従事者向けとされているマスクも多数販売されています。
N95マスクの種類は、400種類以上もあるそうです。


マスクを使う際の注意点は、鼻、口、あご等にしっかり密着させて、マスクとの隙間が無いようにすることです。
マスク着用時に、一番重要なポイントになります。


マスクをはずす時は、その表面に手が触れないようにして、外したマスクはごみ箱等にすぐ捨ててください。
その後、石鹸でしっかり手を洗ってください。


推奨する備蓄量としては、各家庭で1人当たり20~25枚だそうです。
それ以上あったほうが良いことは、言うまでもありません。


プレパンデミックワクチンの備蓄も足りず、タミフルの備蓄も足ないのであれば、外出する際はマスクを着用して自己防衛する他ありません。
マスクは事前に準備できるものであるので、新型インフルエンザが発生する前にぜひご家族分ご準備してください。

この記事のカテゴリーは「新型インフルエンザの予防策」です。

新型インフルエンザの感染力は強力です。感染を防ぐための対策として必要なアイテムや食材、免疫力の向上についてアドバイスをしています。

関連記事

不織布マスクとN95マスク

新型インフルエンザのパンデミック(世界的大流行)が発生した場合、新型インフルエンザに感染してしまった人も、まだ感染していない人も、マスクを着用ことはとても大切です。 新型インフルエンザに感染した人がマ...

ゴーグル着用のすすめ

新型インフルエンザの予防対策として、マスクと同時にゴーグルも着用するとさらに効果があると言われています。 新型インフルエンザウィルスは、口や鼻だけでなく、目からも侵入してきます。 目からの侵入を防ぐた...