日常生活の中で可能な予防対策【実際、新型インフルエンザが発生した場合】

Top >  実際、新型インフルエンザが発生した場合 >  日常生活の中で可能な予防対策

日常生活の中で可能な予防対策

実際に新型インフルエンザが流行してしまった場合、日常生活における予防策としてどのようなことをしておけば良いのでしょうか。


インフルエンザに感染する可能性は、おもに人の咳やくしゃみ、つばなどの飛沫により飛び散ったウィルスから広がることが殆どです。
したがって、日常生活においての予防策は、外出後の手洗いやうがい、マスクの着用、不要不急の外出を控える、人ごみを避ける、流行地域に行かないなどが考えられます。


ウィルスは湿度に弱いため、加湿器などで湿度を保つようにしておくのも効果的です。
自分自身の免疫力を高めておくため、バランスのとれた栄養を摂り、睡眠をきちんと取って、身体の状態を整えておくことも予防のひとつでしょう。
これらのことは、新型インフルエンザに限らず、通常のインフルエンザも同様です。


しかし、新型インフルエンザが流行した場合、通常のインフルエンザ流行と違って感染力は高く、免疫を持っていない人ばかりなので、一番の予防法は自宅にこもることでしょう。


新型インフルエンザが流行すると、最悪の場合はライフラインや物流などが、通常通り働かなくなることも考えられます。
最低でも2週間から2か月分の食料品と、日用品を備蓄しておく必要があると言われます。


やむを得ず外出しなければならない場合は、不織布マスク(使い捨て)や、ゴーグルをつけて外出した方が良いと思われます。
家に入る時にはマスクを捨て、衣類に付いたウィルスを落としてから入り、家では加湿器でウィルスが飛散しないようにしなければなりません。


また、ニュースなどで新型インフルエンザ情報をこまめにチェックしておくことも、効果的な予防対策につながります。

この記事のカテゴリーは「実際、新型インフルエンザが発生した場合」です。

日本で新型インフルエンザが発生したら、社会的にどのような影響が出て、私達はそれにどのような対応をとっていけばいいのかをアドバイスしています。

関連記事

社会的にも混乱を招く恐れあり

もしも日本でも新型インフルエンザが発生したら、一体どうなると思いますか? 新型インフルエンザが発生した場合、日本国民の4人に1人の確立で感染すると予測されています。 多くの人が新型ウィルスに感染して社...

パンデミック警報フェーズ

世界保健機関(WHO)は、1999年に「インフルエンザパンデミック計画」を策定しました。 WHOでは、パンデミック警報フェーズを用いています。 警報フェーズとは、新型インフルエンザの流行の度合いを示す...

日常生活の中で可能な予防対策

実際に新型インフルエンザが流行してしまった場合、日常生活における予防策としてどのようなことをしておけば良いのでしょうか。 インフルエンザに感染する可能性は、おもに人の咳やくしゃみ、つばなどの飛沫により...