高齢者に有効な「肺炎球菌ワクチン」【国別の新型インフルエンザ対策】

Top >  国別の新型インフルエンザ対策 >  高齢者に有効な「肺炎球菌ワクチン」

高齢者に有効な「肺炎球菌ワクチン」

高齢者が新型インフルエンザを発症した場合、一番怖いのは肺炎を併発することでしょう。
これに対応して、「肺炎球菌ワクチン」というものがあります。


肺炎球菌ワクチンとは、肺炎球菌によって引き起こされる、さまざまな病気を予防してくれるワクチンなのです。
肺炎球菌ワクチンを接種すると、肺炎球菌による肺炎の約7~8割を予防することが出来ると言われています。


一度肺炎球菌ワクチンを接種すると、その効果は5年ほど続きます。
5年経過後に再接種して、注射部位の発赤、腫脹、疼痛などの強い副反応が現れたという報告もあるため、日本では2回目以後の接種は行われていないのが現状です。


世界保健機構(WHO)では、高齢者の肺炎球菌ワクチン接種を勧めています。
アメリカでは、65歳未満で接種したのち、65歳以上になって前回の接種から5年以上経過した場合は、2度目の再接種を推奨しています。
すでにアメリカでは、65歳以上の半数が接種しているそうです。


初回接種の安全性は、インフルエンザワクチン接種と同様と考えられています。
新型インフルエンザのパンデミックが起こる前に、高齢者や心臓、呼吸器に慢性疾患のある方、糖尿病、腎不全や肝機能障害のある方は、肺炎球菌ワクチンの接種をすることをお勧めします。


肺炎を予防できるのであれば、新型インフルエンザに関係なく、その効果は意味のあるものではないだろうかと思います。


高齢化社会に伴い、日本でも高齢者が増え続けています。
身近な高齢者を守るためにも、ぜひ肺炎球菌ワクチンを接種するようにすすめて欲しいと思います。


新型インフルエンザの脅威に対して、ひとつでも予防出来ることがあれば、早めに対策しておくように心掛けましょう。

この記事のカテゴリーは「国別の新型インフルエンザ対策」です。

アメリカやヨーロッパの国での、新型インフルエンザの予防対策の取り入れ方を、日本と比較して検証しています。

関連記事

厚生労働省が策定するガイドライン

現在日本においては、新型インフルエンザが発生した場合の対策を、厚生労働省で立てています。 「新型インフルエンザ対策ガイドライン」という、新型インフルエンザ対策本部を設置し策定しました。 新型インフルエ...

プレパンデミックワクチン使用の優先順位

国は、『プレパンデミックワクチンは、パンデミックワクチンの供給体制が整うまでの間、国民の生命や最低限度の生活を守るために、緊急的に医療従事者及び社会機能維持者に対して接種する』としています。 その優先...

アメリカと日本の予防対策の相違点

関係する地域で新型インフルエンザが発生した場合、一番の対策としては外出をしないことだと思いますが、それは難しいですよね。 それに備えてアメリカでは、ドライブスルー方式でのワクチン接種の訓練までしている...

スイスうやイギリスと日本の対策の相違点

日本は、新型インフルエンザへの対応がかなり遅れているのが現状です。 日本は先進国であるにも関わらず、どうしてこうも対処が遅れてしまうのか非常に残念です。 スイスやフィンランド、イギリスでは、プレパンデ...

高齢者に有効な「肺炎球菌ワクチン」

高齢者が新型インフルエンザを発症した場合、一番怖いのは肺炎を併発することでしょう。 これに対応して、「肺炎球菌ワクチン」というものがあります。 肺炎球菌ワクチンとは、肺炎球菌によって引き起こされる、さ...