鎮痛解熱剤使用時の注意点【新型インフルエンザに効く薬】

Top >  新型インフルエンザに効く薬 >  鎮痛解熱剤使用時の注意点

鎮痛解熱剤使用時の注意点

鎮痛解熱剤の使用する際は、いくつか注意する点があります。


インフルエンザに感染したの場合、原則的に15歳以下の子供はサリチル酸系の薬を服用することはできません。
サリチル酸系とは、アスピリンやサリチルアミドのことです。


アスピリンやサリチルアミドを15歳未満の子供に使用すると、インフルエンザ脳症を引き起こす危険性があると言われています。
アスピリンはバッファリンなど、サリチルアミドはPL顆粒、PA錠などが該当します。


同様に、解熱剤に含まれるジクロフェナクナトリウム、メフェナム酸などの成分も、脳症の状態を悪化させるものがあると言われています。
ジクロフェナクナトリウムはボルタレン、メフェナム酸はポンタールなどに使われております。


最も脳症の問題がないとされる成分は、アセトアミノフェンです。
アセトアミノフェンは、パブロンS、新ルルA錠、ベンザエースなど幅広い薬で使われております。
粉薬ではカロナール、坐薬ではアンビバなどがあります。


インフルエンザ脳症については、感染症情報センターで詳しく知ることができますので、気になる方は是非チェックしてみてください。


抗生物質は細菌に効果のある薬なので、インフルエンザウイルスに対して効果は得られません。
かぜ薬の場合、通常の症状である熱、咳、鼻水などの症状を抑える薬で、インフルエンザに効く薬ではありませんのでお間違いなく。


新型インフルエンザのパンデミックが起こった場合、ワクチンやタミフル、リレンザなどが不足していることで、どうすればいいのか心配になる人もいるでしょう。
しかしそのような時であっても、小児等に解熱剤を飲ませることについては、厳重な注意を払う必要があります。


新型インフルエンザかどうか判断に迷った場合でも、病院に行かずに素人の勝手な判断で薬を飲ませるのは大変危険です。
新型インフルエンザの疑いがあれば、必ず医者の判断を仰いで指示に従いましょう。

この記事のカテゴリーは「新型インフルエンザに効く薬」です。

新型インフルエンザに有効と言われる「プレパンデミックワクチン」をはじめ、知名度の高いタミフルやリレンザなどの抗インフルエンザ薬を紹介しています。

関連記事

プレパンデミックワクチンとは

毎年行われているインフルエンザのワクチン接種ですが、新型インフルエンザに対しては残念ながら効果がありません。 なぜなら、インフルエンザウィルスの種類が違うからです。 新型インフルエンザに対して有効な「...

「タミフル」について

インフルエンザの特効薬として知られている「タミフル」ですが、皆さんは実際に服用したことがありますか? タミフルは、インフルエンザA型、B型のウイルス感染症に服用する治療薬で、カプセルタイプとドライシロ...

「リレンザ」について

抗インフルエンザ薬にはいくつか種類がありますが、その一つに「リレンザ」という薬があります。 リレンザは英製薬企業グラクソ・スミスクラインが開発しました。 リレンザは、ディスクヘラーという吸入器具を使用...

鎮痛解熱剤使用時の注意点

鎮痛解熱剤の使用する際は、いくつか注意する点があります。 インフルエンザに感染したの場合、原則的に15歳以下の子供はサリチル酸系の薬を服用することはできません。 サリチル酸系とは、アスピリンやサリチル...