「タミフル」について【新型インフルエンザに効く薬】

Top >  新型インフルエンザに効く薬 >  「タミフル」について

「タミフル」について

インフルエンザの特効薬として知られている「タミフル」ですが、皆さんは実際に服用したことがありますか?


タミフルは、インフルエンザA型、B型のウイルス感染症に服用する治療薬で、カプセルタイプとドライシロップタイプがあります。
タミフルは、スイスのロッシュ社で生産されていて、日本では中外製薬から発売しています。
病院の処方箋に基づいて、薬局でも購入できる薬です。


現在、そのタミフルが品不足を起こしている状態です。
今までは日本が一番の消費国で、総数の74%が日本で使用していると言われています。


以前、ニューオリンズを襲ったハリケーン「カトリーナ」の対応で非難にさらされたブッシュ大統領は、名誉挽回を図るため、タミフルの国家的備蓄を掲げました。
アメリカは、4千4百万人分の備蓄計画を掲げ、ワクチンや抗ウイルス剤の開発、備蓄に71億ドルを投じると発表したのです。


それに伴って、タミフルの品不足が加速してしまったとされています。


しかし、特効薬とされるタミフルであっても、新型インフルエンザに対して万能薬とは言えないのが実情です。


抗インフルエンザ薬は、インフルエンザの増殖を抑えるための薬です。
体内に入ったウィルスは、2~3日で最大の数になります。
その前にタミフルを打って、増殖を抑える必要があります。


ただし、増殖を抑える薬であるので、病気の期間の短縮や、悪化を防ぐことはできますが、新型インフルエンザウィルスそのものを殺すような効果は得られないのです。
したがって、早めに服用する必要があります。
また、医師の処方箋が必要となります。


タミフルを服用したことによって、異常行動を起こしたという報告もあります。
現在、タミフル服用と異常行動との因果関係は明らかにはなっていませんが、妊婦や子供などは、医師とよく相談した上で処方してもらった方が良いでしょう。

この記事のカテゴリーは「新型インフルエンザに効く薬」です。

新型インフルエンザに有効と言われる「プレパンデミックワクチン」をはじめ、知名度の高いタミフルやリレンザなどの抗インフルエンザ薬を紹介しています。

関連記事

プレパンデミックワクチンとは

毎年行われているインフルエンザのワクチン接種ですが、新型インフルエンザに対しては残念ながら効果がありません。 なぜなら、インフルエンザウィルスの種類が違うからです。 新型インフルエンザに対して有効な「...

「タミフル」について

インフルエンザの特効薬として知られている「タミフル」ですが、皆さんは実際に服用したことがありますか? タミフルは、インフルエンザA型、B型のウイルス感染症に服用する治療薬で、カプセルタイプとドライシロ...

「リレンザ」について

抗インフルエンザ薬にはいくつか種類がありますが、その一つに「リレンザ」という薬があります。 リレンザは英製薬企業グラクソ・スミスクラインが開発しました。 リレンザは、ディスクヘラーという吸入器具を使用...