スイスうやイギリスと日本の対策の相違点【国別の新型インフルエンザ対策】

Top >  国別の新型インフルエンザ対策 >  スイスうやイギリスと日本の対策の相違点

スイスうやイギリスと日本の対策の相違点

日本は、新型インフルエンザへの対応がかなり遅れているのが現状です。
日本は先進国であるにも関わらず、どうしてこうも対処が遅れてしまうのか非常に残念です。


スイスやフィンランド、イギリスでは、プレパンデミックワクチンを全国民が接種するような計画が持ち上がっているそうです。
また、全国民分のタミフルが備蓄されているとも言われています。


しかし、日本では人口約1億2千万人に対して、2000万人分のプレパンデミックワクチンしか用意できていないとされています。
タミフルに関しては、2500万人分しか備蓄していないそうです。
今後は増産する予定だそうですが、その計画は未定です。


タミフルは、実際は通常の3~4倍を接種せねばならないらしく、実際の数は2500万人ではなく、700万人程度の量しかないとも言われています。


プレパンデミックワクチンを全国民分作ると、1700億円もかかるとされています。
とはいえ、スイスなどの対策をみると、どれだけプレパンデミックワクチンが重要課題とされているのかがよく分かります。


現代の日本は、お金を持った国だと言われています。
しかし、お金は持っていたとしても、国民が納得する使われ方をしていると言えるでしょうか。


インフルエンザのワクチンやタミフルのお金は、どこかで無駄に使われていないでしょうか。
新型インフルエンザが流行り出したときに、あらためて疑問を持った国民も少なくないでしょう。


結局、国に頼ることは無理だと判断して、自分自身が頑張るしかないのです。
日本はまだまだこういった意味で、他国よりも遅れていると感じざるを得ません。


日本は豊かな国だと言われています。
しかし実際は、お金の面では豊かなのかもしれませんが、国として国民を守ろうとする力は弱く、とても豊かとは言い切れないと思います。

この記事のカテゴリーは「国別の新型インフルエンザ対策」です。

アメリカやヨーロッパの国での、新型インフルエンザの予防対策の取り入れ方を、日本と比較して検証しています。

関連記事

厚生労働省が策定するガイドライン

現在日本においては、新型インフルエンザが発生した場合の対策を、厚生労働省で立てています。 「新型インフルエンザ対策ガイドライン」という、新型インフルエンザ対策本部を設置し策定しました。 新型インフルエ...

プレパンデミックワクチン使用の優先順位

国は、『プレパンデミックワクチンは、パンデミックワクチンの供給体制が整うまでの間、国民の生命や最低限度の生活を守るために、緊急的に医療従事者及び社会機能維持者に対して接種する』としています。 その優先...

アメリカと日本の予防対策の相違点

関係する地域で新型インフルエンザが発生した場合、一番の対策としては外出をしないことだと思いますが、それは難しいですよね。 それに備えてアメリカでは、ドライブスルー方式でのワクチン接種の訓練までしている...

スイスうやイギリスと日本の対策の相違点

日本は、新型インフルエンザへの対応がかなり遅れているのが現状です。 日本は先進国であるにも関わらず、どうしてこうも対処が遅れてしまうのか非常に残念です。 スイスやフィンランド、イギリスでは、プレパンデ...