サイトカインストームの実体【新型インフルエンザとは?】

Top >  新型インフルエンザとは? >  サイトカインストームの実体

サイトカインストームの実体

1918年に大流行したスペイン風邪では、10代~30代の体力のある若者が命を落とす割合が殆どを占めていたそうです。
毎年流行するインフルエンザの場合、高齢者や子供などの体力のない人達が感染する確立が高いとされています。


ではなぜ、新型インフルエンザは通常のインフルエンザとは違って、若年層に被害が大きいのでしょうか。
その理由として、「サイトカインストーム」を起こすからだと考えられています。


サイトカインストームとは、一言で説明すると「免疫機能が暴発して起こる状態」をさします。
身体には、本来から持っている、病原体と戦い身体を守る免疫機能というものがあります。
その免疫機能が、ウィルス感染などにより極端に強くなり、自分自身の正常な細胞を破壊し、重病化、あるいは死に至るといったことが起こると考えられています。


しかし現時点では、サイトカインストームに対する予防法や治療法は分かっていません。


通常、免疫の過剰反応を抑える薬としてステロイドを使いますが、鳥インフルエンザの患者にステロイドを使った場合、ウィルスが増えたという結果が出ています。
そのため、WHOでは禁忌としています。


スタチン(脂質異常症治療薬)が効果があるとの報告もありますが、まだ調査している段階です。


現時点で大切なことは、働き盛りの年代や若者においても、新型インフルエンザは深刻な問題だということを広めて認識させることです。
「自分は身体が丈夫だし若いから大丈夫だろう」とたかを括って、新型インフルエンザを甘くみている若者こそ要注意です。


インフルエンザ感染の予防対策として、マスクを購入したり日用品を備蓄するなど準備をしておかないと、流行後にいざ感染してしまった時には大変なことになります。
若者であっても死に至る危険があるのだということ、その為に今から準備することが必要であることを認識させる必要があります。

この記事のカテゴリーは「新型インフルエンザとは?」です。

新型インフルエンザとインフルエンザの相違点、なぜパンデミック(世界的大流行)を巻き起こしてしまうのかなど、分かりやすく解明しています。

関連記事

パンデミックを巻き起こす

新型インフルエンザは、日本に限らず世界的大流行(パンデミック)の恐れがあると懸念されています。 「新型インフルエンザウィルス」とは、鳥などの動物のウィルスが人に感染する病気です。 それらが変異して、人...

風邪とインフルエンザの相違点

近頃「新型インフルエンザ」という言葉をよく耳にすると思いますが、そもそもインフルエンザとはどのような症状が現れるのかご存知でしょうか。 風邪とインフルエンザとの違いは、具体的にどのようなものなのかここ...

強毒性鳥インフルエンザウイルス

皆さんは、「H5N1型」をご存知ですか? H5N1型とは、鳥の間で流行を引き起こしている「強毒性鳥インフルエンザウイルス」のことで、かなりの毒性を持っているとされています。 強毒性鳥インフルエンザウイ...

サイトカインストームの実体

1918年に大流行したスペイン風邪では、10代~30代の体力のある若者が命を落とす割合が殆どを占めていたそうです。 毎年流行するインフルエンザの場合、高齢者や子供などの体力のない人達が感染する確立が高...