企業における事業継続計画の状態【企業における新型インフルエンザ対策】

Top >  企業における新型インフルエンザ対策 >  企業における事業継続計画の状態

企業における事業継続計画の状態

大企業においては、新型インフルエンザに対する独自のガイドライン作成が進みつつあるようです。


しかし、中小企業においては、まだまだ進んでいないところが多いのが現状です。
そして、「何から手をつけていいのか分からない」という声が聞こえます。


大企業では、すでに新型インフルエンザ対策を行っている会社も見受けられます。
アジアなどの駐在員を、速やかに日本に引き戻しているところがあります。


また、「事業継続計画」を作成している企業もあります。
事業継続計画とは、自然災害やテロなどに備えて、企業が損害を最小限にとどめるための準備計画のことです。


日本では、すでに地震対策を取り組んでいる企業は多いようですが、国は新型インフルエンザについても作成するように呼び掛けています。


世界保健機関(WHO)の打ち立てたインフルエンザパンデミック計画の「フェーズ4」が発動されると、対策本部などが起動します。
業務の縮小や海外渡航の制限などを行い、従業員で感染した人がいれば報告を受けて上司が仕事を割り振る、といった対策が考えられています。


国の「事業者・職場における新型インフルエンザ対策ガイドライン」が改定されるのを受けて、企業側はより具体的な計画作りが行われようとしています。


IT関連企業などは、在宅勤務ができるような設備投資、準備などがなされています。
その他、医薬品やマスクなどの備蓄を行う会社もあります。


このような予防対策を実践するのは一部の大企業で、ほとんどの中小企業では行われていないのが現実です。
大企業のように人数がたくさんいるわけではなく、ぎりぎりの人数で仕事をまわしている中小企業などもあります。
新型インフルエンザに感染しないためにはどう対応したらいいのか、という混乱もみられます。


新型インフルエンザに関しては、今後は国を含め、各企業が早急に取り組むべき課題です。
不況下にあり、その他のことに目が向きがちですが、新型インフルエンザが発生してからでは遅いのです。


家族や大切な人を守るためにも、国や会社が早急な取り組みをしてくれることに期待がかかっています。

この記事のカテゴリーは「企業における新型インフルエンザ対策」です。

各企業によって、新型インフルエンザの対応策やガイドライン作成の取り組み方には差がありますが、事前に準備しておくことで慌てずに対処できる基本的な事項をご紹介。

関連記事

企業における事業継続計画の状態

大企業においては、新型インフルエンザに対する独自のガイドライン作成が進みつつあるようです。 しかし、中小企業においては、まだまだ進んでいないところが多いのが現状です。 そして、「何から手をつけていいの...