パンデミック警報フェーズ【実際、新型インフルエンザが発生した場合】

Top >  実際、新型インフルエンザが発生した場合 >  パンデミック警報フェーズ

パンデミック警報フェーズ

世界保健機関(WHO)は、1999年に「インフルエンザパンデミック計画」を策定しました。
WHOでは、パンデミック警報フェーズを用いています。


警報フェーズとは、新型インフルエンザの流行の度合いを示すもので、フェーズ1~7まで設定されています。


フェーズ1~3だと、人から人への感染がない場合で、現在はここに該当しています。


フェーズ4が発令された時点で、国際社会や政府や企業は、インフルエンザパンデミック計画のガイドラインに沿って行動を起こすように促されます。


フェーズが移るタイミングは、WHOの事務局が管理しています。


フェーズ4が発令されるということは、人から人への感染が起こったということで、パニックが予想されます。
パニックになったときのことも想定して、事前にガイドラインを設置して二次被害の拡大を防ぐわけです。


インフルエンザが発生した場合、人から人へ感染してしまう事態は避けられないと言われています。
したがって、感染しないように事前に対策を練っておくことは大変重要なことになります。


とはいえ、そのガイドラインが正確に機能するかどうかは、実際に起こってからでないと分かりません。
状況に応じて、早急な改正も必要となることでしょう。


ガイドラインばかりにに頼らず、今から個人個人がどのようなことができるかを考えておくことが、隠れた狙いのようです。


フェーズ4が発令というニュースを聞いたら、人から人への感染が起こったんだということが分かるような知識は、身につけておくべきだと思います。
そしてパニックを避けられるよう、予防対策を事前に行うことが最優先課題だといえるでしょう。

この記事のカテゴリーは「実際、新型インフルエンザが発生した場合」です。

日本で新型インフルエンザが発生したら、社会的にどのような影響が出て、私達はそれにどのような対応をとっていけばいいのかをアドバイスしています。

関連記事

社会的にも混乱を招く恐れあり

もしも日本でも新型インフルエンザが発生したら、一体どうなると思いますか? 新型インフルエンザが発生した場合、日本国民の4人に1人の確立で感染すると予測されています。 多くの人が新型ウィルスに感染して社...

パンデミック警報フェーズ

世界保健機関(WHO)は、1999年に「インフルエンザパンデミック計画」を策定しました。 WHOでは、パンデミック警報フェーズを用いています。 警報フェーズとは、新型インフルエンザの流行の度合いを示す...