厚生労働省が策定するガイドライン【国別の新型インフルエンザ対策】

Top >  国別の新型インフルエンザ対策 >  厚生労働省が策定するガイドライン

厚生労働省が策定するガイドライン

現在日本においては、新型インフルエンザが発生した場合の対策を、厚生労働省で立てています。
「新型インフルエンザ対策ガイドライン」という、新型インフルエンザ対策本部を設置し策定しました。


新型インフルエンザ対策ガイドラインは、さまざまなガイドラインから成り立っています。


その中には、水際対策である「検疫ガイドライン」、仮に侵入したとして、それを発見するための「サーベイランスガイドライン」。
発生初期には「積極的疫学調査ガイドライン」、「早期対応戦略ガイドライン」などがあります。


また、医療に関するもの、感染対策、診断検査、ワクチン接種、抗インフルエンザウィルス薬などのガイドライン。
事業所や職場に対するガイドラインから、個人や一般家庭、コミュニティ、市町村に対してのガイドラインまで幅広く策定しています。


情報提供や共有のガイドライン、最悪の場合も考慮して埋火葬の実施に関するガイドラインまで作っています。
それらを継続的に検討して、必要に応じて随時更新している状況です。


早期対応に対しては都道府県の対応としているため、各都道府県においても、独自にガイドラインが作られるようになっています。
会社等でも独自にガイドラインを作成しているところが多くなってきました。
今後も状況に応じて、その更新がされる必要があります。


厚生労働省のガイドラインに関しても、それぞれの予防対策において、何度も検討を重ねる必要があります。
ただ、これらのものはあくまでも机上の空論で、実際に新型インフルエンザが発生してみないと、これらのガイドラインが使えるかどうか分かりかねます。


国の立場で作られているガイドラインだからか、実際は「個人の責任に任せる」という考えが強いようです。

この記事のカテゴリーは「国別の新型インフルエンザ対策」です。

アメリカやヨーロッパの国での、新型インフルエンザの予防対策の取り入れ方を、日本と比較して検証しています。

関連記事

厚生労働省が策定するガイドライン

現在日本においては、新型インフルエンザが発生した場合の対策を、厚生労働省で立てています。 「新型インフルエンザ対策ガイドライン」という、新型インフルエンザ対策本部を設置し策定しました。 新型インフルエ...

プレパンデミックワクチン使用の優先順位

国は、『プレパンデミックワクチンは、パンデミックワクチンの供給体制が整うまでの間、国民の生命や最低限度の生活を守るために、緊急的に医療従事者及び社会機能維持者に対して接種する』としています。 その優先...

アメリカと日本の予防対策の相違点

関係する地域で新型インフルエンザが発生した場合、一番の対策としては外出をしないことだと思いますが、それは難しいですよね。 それに備えてアメリカでは、ドライブスルー方式でのワクチン接種の訓練までしている...

スイスうやイギリスと日本の対策の相違点

日本は、新型インフルエンザへの対応がかなり遅れているのが現状です。 日本は先進国であるにも関わらず、どうしてこうも対処が遅れてしまうのか非常に残念です。 スイスやフィンランド、イギリスでは、プレパンデ...