社会的にも混乱を招く恐れあり【実際、新型インフルエンザが発生した場合】

Top >  実際、新型インフルエンザが発生した場合 >  社会的にも混乱を招く恐れあり

社会的にも混乱を招く恐れあり

もしも日本でも新型インフルエンザが発生したら、一体どうなると思いますか?


新型インフルエンザが発生した場合、日本国民の4人に1人の確立で感染すると予測されています。
多くの人が新型ウィルスに感染して社会生活が混乱し、麻痺してしまうとまで言われています。


会社では、最大40%の人が欠勤する可能性があると想定されています。
学校では、長期間の臨時休校となるでしょう。


また、各会社において欠勤者が相次いだとしたら、社会生活も混乱しダメージも大きくなりそうです。
物流が滞り、食料や生活必需品が不足する事態に陥るかもしれません。


最悪の場合は、電気、ガス、水道などのライフラインにも影響を与えるかもしれません。
医療関係においても、欠勤者が出る可能性があります。


その中で、新型インフルエンザにかかってしまった人々が医療機関に殺到し、医療機関が円滑に行き渡らなくなるかもしれません。
また、新型インフルエンザにかかっていると知らずに外出していると、さらなる被害の拡大がみられるでしょう。


新型インフルエンザが流行している時、不要不急の外出をしないということを念頭に置きましょう。
そのために、最低2週間分程度の食料品や、生活必需品等を個人個人が備えておく必要があります。

また、国、県、市からの正確な情報を得るようにつとめましょう。
パニックに陥らないように、冷静に対応しましょう。

そのために、新型インフルエンザが発生する以前から、徐々に準備を進めておきましょう。
新型インフルエンザが発生してからパニックを起こさないためにも、事前の準備や知識が必要なものです。


新型インフルエンザに感染しないためにも、自分たちができる範囲でまずは予防しておきましょう。

この記事のカテゴリーは「実際、新型インフルエンザが発生した場合」です。

日本で新型インフルエンザが発生したら、社会的にどのような影響が出て、私達はそれにどのような対応をとっていけばいいのかをアドバイスしています。

関連記事

社会的にも混乱を招く恐れあり

もしも日本でも新型インフルエンザが発生したら、一体どうなると思いますか? 新型インフルエンザが発生した場合、日本国民の4人に1人の確立で感染すると予測されています。 多くの人が新型ウィルスに感染して社...

パンデミック警報フェーズ

世界保健機関(WHO)は、1999年に「インフルエンザパンデミック計画」を策定しました。 WHOでは、パンデミック警報フェーズを用いています。 警報フェーズとは、新型インフルエンザの流行の度合いを示す...