風邪とインフルエンザの相違点【新型インフルエンザとは?】

Top >  新型インフルエンザとは? >  風邪とインフルエンザの相違点

風邪とインフルエンザの相違点

近頃「新型インフルエンザ」という言葉をよく耳にすると思いますが、そもそもインフルエンザとはどのような症状が現れるのかご存知でしょうか。
風邪とインフルエンザとの違いは、具体的にどのようなものなのかここで簡単にご説明しましょう。


一般的に、風邪はのどや鼻に症状が現れます。
鼻水、くしゃみ、咳などが、主な特徴と言えます。


一方インフルエンザは、通常の風邪と違って、まず最初に高熱が出ます。
高熱は、38~40度ほどの高さの熱を指します。


その間、倦怠感や筋肉痛、関節痛などが起こるのも特徴的です。
症状は2~3日がピークですが、通常5日ほど続くと考えてよいでしょう。


また、気管支炎や肺炎を併発する可能性もあります。
体力のない高齢者や乳幼児は重症になると、肺炎や脳炎、心不全などを引き起こす場合もありますので、大変注意が必要です。


抗インフルエンザ薬は、発症後48時間以内の服用が有効で、早ければ早いだけ効力があります。


しかし、小児は気をつけなければならない解熱剤もありますので、ご注意ください。
必ず病院で診察してもらい、医者が処方した薬を飲むようにしましょう。


熱が下がっても、周囲に感染する可能性は十分あります。
新型インフルエンザが発生した場合、その感染が危惧されるのです。


インフルエンザにかからないためにも、さまざまな予防対策をしておくことが肝心です。
個人個人が予防すれば、その感染は最低限にとどめることができます。


また感染者が周りに移さないように行動することで、大流行を食い止めることができるかもしれません。
新型インフルエンザが発生する前に、情報を早めにキャッチし感染予防の対策をしておくようにしましょう。

この記事のカテゴリーは「新型インフルエンザとは?」です。

新型インフルエンザとインフルエンザの相違点、なぜパンデミック(世界的大流行)を巻き起こしてしまうのかなど、分かりやすく解明しています。

関連記事

パンデミックを巻き起こす

新型インフルエンザは、日本に限らず世界的大流行(パンデミック)の恐れがあると懸念されています。 「新型インフルエンザウィルス」とは、鳥などの動物のウィルスが人に感染する病気です。 それらが変異して、人...

風邪とインフルエンザの相違点

近頃「新型インフルエンザ」という言葉をよく耳にすると思いますが、そもそもインフルエンザとはどのような症状が現れるのかご存知でしょうか。 風邪とインフルエンザとの違いは、具体的にどのようなものなのかここ...

強毒性鳥インフルエンザウイルス

皆さんは、「H5N1型」をご存知ですか? H5N1型とは、鳥の間で流行を引き起こしている「強毒性鳥インフルエンザウイルス」のことで、かなりの毒性を持っているとされています。 強毒性鳥インフルエンザウイ...

サイトカインストームの実体

1918年に大流行したスペイン風邪では、10代~30代の体力のある若者が命を落とす割合が殆どを占めていたそうです。 毎年流行するインフルエンザの場合、高齢者や子供などの体力のない人達が感染する確立が高...