喫煙とがんの関係性【禁煙で得られるメリット】

Top >  禁煙で得られるメリット >  喫煙とがんの関係性

喫煙とがんの関係性

何度もたばこをやめようと決心して禁煙に挑戦しても、結局のところ失敗に終わってしまうという人はたくさんいます。
最近は禁煙グッズの種類もバラエティに富んでいて、実際効果的な商品はいくつもあげられます。


しかし、それよりも効果があるのは、「どうしても禁煙したい」という強い思いが、成功のカギをにぎっているのです。
「たばこをやめられるかな~」などと、最初から弱腰な気持ちは禁煙の邪魔になります。


そこで、たばこの害を知ることによって、禁煙への気持ちを後押しする効果があるとされています。
たばこには害があると思っていても、実際にどれくらいの害があるのか知らない人は少なくありません。
数字でみることで、たばこの害をしっかり認識しましょう。


まず喫煙者は、発がん性が高いという点があげられます。


現在、たばこががんの原因になるという、科学的な証明はありません。
しかし、統計的な数字をみるだけで、害があることが分かると思います。


非喫煙者に比べると、どれだけ発がん性が高いかが分かるかと思われます。
なかでも喉頭がんは、非喫煙者に比べると32.5倍という高い数字になっています。


肺がんであれば4.5倍、口腔・咽頭がんも3.0倍と、たばこを吸っている人はがんになりやすい傾向があります。


がんにかかりやすいのは、本人だけではありません。
副流煙も体に悪いという話はよく聞きます。


母親が喫煙者の場合、こどもが気管支炎にかかる割合は、非喫煙者の子供に比べて3倍も高いそうです。
夫が喫煙者の場合は、妻の肺がん死亡率がなんと2倍とも言われています。


喫煙は、知らないうちに大事な家族にまで悪影響を及ぼしているのです。
自分に家族がいる人であれば、自分への影響よりも家族への影響をよく知ることは、禁煙の意志を強くしてくれることにもなるでしょう。


禁煙に挫折しそうな時は、このような具体的な数字を思い出してみると、励みになる思います。

この記事のカテゴリーは「禁煙で得られるメリット」です。

たばこをやめると実際どのような効果を得られるのかを、健康面や金銭面を通して禁煙後のプラスイメージに役立つ具体例を取り上げています。

関連記事

金銭面から考える

禁煙に成功した場合、得ることが出来るのは健康面だけではありません。 健康以外に、金銭面でもかなりの効果を得ることができます。 禁煙を決意する理由の中には、健康面を考慮して禁煙する人もいれば、金銭的に禁...

ニコチン依存症から抜け出そう

禁煙に成功すると、いくつかの効果が出てきます。 なかでもよく言われることに、ストレスの解消に効果があるとされます。 通常、禁煙を始めるとストレスが溜まると言われていますが、それは一時的なものになります...

喫煙とがんの関係性

何度もたばこをやめようと決心して禁煙に挑戦しても、結局のところ失敗に終わってしまうという人はたくさんいます。 最近は禁煙グッズの種類もバラエティに富んでいて、実際効果的な商品はいくつもあげられます。 ...