喫煙量を徐々に減らす【効果的な禁煙方法(2)】

Top >  効果的な禁煙方法(2) >  喫煙量を徐々に減らす

喫煙量を徐々に減らす

近頃は、禁煙の手段も多種多様で、自分に合いそうな方法が必ず見つかると思います。


禁煙中、たばこを一切吸わない方法をとる人もいれば、本数を徐々に減らしていくという人もいます。
また、禁煙グッズを利用して臨んでいる人も多いでしょう。
なかには、タール量の少ないものを選んで買うようにしている人もいます。


禁煙中、一番効果が表れにくいのが、「タール量の少ないたばこを買うこと」と言われています。
その理由は、タール量の少ないたばこでは物足りず、結局いつもより多い量を吸ってしまうそうです。


結果的に、禁煙前と変わらない量のタールやニコチンを摂取してしまい、禁煙から遠ざかってしまいます。


逆に一番効果があると言われているのが「たばこを一切吸わない」という、本人にとっては一番厳しい方法です。
一気にやめて我慢する方が、成功する確率も高いのです。


しかし最近では、徐々にたばこを減らす方法でも、禁煙に効果があると言われています。


試しに、1日1本ずつでもいいので、本数を減らしてみましょう。
1本だったら、そんなに苦痛ではないはずです。


最終的には、1日1本で我慢できるところまで持ってくる必要があります。
後は最後の1本を、自分の意思でやめるだけです。
いきなり禁煙をするよりも、楽にやめることができると思います。


ただ、この最後の1本にするまでが大変です。
たとえば、自分の嫌いな味のたばこを吸ってみるのもいいでしょう。
そうすれば、自然と本数は減っていくのではないかと思われます。


たばこと一緒にコーヒーを飲んだり、お酒を飲むとたばこを吸ってしまったりする人は、その習慣自体を変えるのも効果的です。
コーヒーやお酒を飲む時には、たばこを持たない習慣をつけましょう。


ほかに、ライターを自分の近くに置かないのも一つの手段です。
ライターを違う部屋に置いたり、思い切ってライターを処分することも、本数を減らすのに効果があります。

この記事のカテゴリーは「効果的な禁煙方法(2)」です。

喫煙するたびに記録をつけて認識させる方法、1日だけ禁煙してみる「プチ禁煙」の説明、禁煙中のニコチン依存や離脱症状など、具体的に起こりえる状態を掲載しています。

関連記事

記録して行動パターンを知る

禁煙してもなかなか成功できない人に、ぜひトライして欲しい方法があります。 それは、自分がいつ・どこで・誰と喫煙しているかを記録していく方法です。 自分がどのような喫煙をしているかを認識することで、効果...

プチ禁煙から試してみよう

禁煙がを考えている人に、まずお勧めなのが「プチ禁煙」という方法です。 プチ禁煙ですから、完全に禁煙できるわけではありませんが。 ただ、このプチ禁煙を実行して、「もしかしたら禁煙ができるかもしれない」と...

ポイントは安心期

禁煙中、スムーズにやめられそうだと感じる、いわゆる「安心期」と言われる時期に、再びたばこを吸い始めて失敗に終わってしまう人は意外と多いようです。 安心期と言われる時期は、禁煙を始めてから1~2週間と言...

喫煙量を徐々に減らす

近頃は、禁煙の手段も多種多様で、自分に合いそうな方法が必ず見つかると思います。 禁煙中、たばこを一切吸わない方法をとる人もいれば、本数を徐々に減らしていくという人もいます。 また、禁煙グッズを利用して...

離脱症状を緩和するには

いざ禁煙を始めてしばらくすると、離脱症状がおきてくると言われています この離脱症状を辛抱して乗り切れるかどうかが、禁煙への成功のカギとなります。 離脱症状を緩和させる効果として、水分補給があげられます...