コンタクトレンズの原理とは【コンタクトレンズの歴史と寿命】

Top >  コンタクトレンズの歴史と寿命 >  コンタクトレンズの原理とは

コンタクトレンズの原理とは

現在、日本でコンタクトレンズを利用している人は、約1500万以上もいると言われています。
あなたの周りにも、メガネをかけていないから視力が良いのかと思いきや、「実は目が悪くコンタクトを装用していた」ことを聞いて、初めて視力が悪いことを知ったなどという経験が、何度かあるのではないでしょうか。


実はかくいう私も、ハードコンタクトを10年以上も使用しています。
では、なぜコンタクトレンズは、このように使用者が増加していったのでしょうか。


コンタクトレンズは矯正用具として、昔からあったメガネにはない利点が多くあると、人々が強く認識したからですよね。
もちろん、メガネの方にもコンタクトレンズに負けない利点がありますから、一概に比較はできないところもありますが。


今やコンタクトレンズは、多く人々にとって必要不可欠な存在となりましたが、その歴史は意外と長いようです。


コンタクトレンズは、なんと今から120年ほど前の1890年頃から開発されたそうです。
スイスの眼科医が、「目の中にガラスで作ったレンズを入れる」という実験をしたということですが、この勇気がなければコンタクトレンズの誕生もなかったと思うと、本当に脱帽します。


コンタクトレンズを何年も使っていますが、やはり今でも目の中に異物を入れる感覚は怖いものがあります。
しかし、この勇敢な眼科医のおかげで、「コンタクトレンズ」という名称も生まれたそうです。


それ以前の1500年頃、レオナルド・ダ・ヴィンチが、ガラスボールに水を入れて外を見ることにより、物の形が変わって見えることを発見しています。
この発見が、コンタクトレンズの原理だといえるでしょう。


レオナルド・ダ・ヴィンチから130年後には、デカルトがガラスレンズを目に合わせて屈折状態の変化を調べています。
これらを元に、コンタクトレンズが誕生したのです。


天才の発想力は凡人の想像力を遥かに超えていいますね。
さらにその発想を、人々の生活に役立つところまで実現化してしまうところが、またすごいところだと思います。

この記事のカテゴリーは「コンタクトレンズの歴史と寿命」です。

コンタクトレンズの痔名と耐用年数、レンズの開発における歴史と商品の進歩や視力回復の役割と利便性について理解して、ぜひとも実践して下さい!

関連記事

レンズで変わる耐用年数の違いとは

コンタクトレンズの耐用年数というのは、ハードコンタクトは2年ほどの年数だとされています。 一方のソフトコンタクトは、1~2年ほどの年数だと言われています。 またメーカーなどによって、耐用年数は少し違う...

技術の進歩と開発からの歴史

コンタクトレンズが誕生して、1930年代頃からは、ガラス製の物と比較しても更に装用感の良い、プラスティック製のレンズが開発されました。 といっても、開発された理由は戦争のために、戦闘機の風防に使われる...

コンタクトレンズの利便性

一般的に、コンタクトレンズの役割は「近視の矯正のため」ではありますが、「屈折異常の矯正」とも言えるでしょう。 では「近視の矯正」と比較して何が違うのか、説明していきましょう。 屈折異常には、近視ももち...

コンタクトレンズの原理とは

現在、日本でコンタクトレンズを利用している人は、約1500万以上もいると言われています。 あなたの周りにも、メガネをかけていないから視力が良いのかと思いきや、「実は目が悪くコンタクトを装用していた」こ...




コンタクトレンズで起こる病気と治療法

コンタクトレンズの障害と注意点

コンタクトレンズの歴史と寿命

コンタクトレンズの種類と特徴

コンタクトレンズのお手入れ方法

コンタクトレンズの比較と処方手順

コンタクトのメリットとデメリット