メガネとの比較と視界の違いについて【コンタクトのメリットとデメリット】

Top >  コンタクトのメリットとデメリット >  メガネとの比較と視界の違いについて

メガネとの比較と視界の違いについて

歴史のところで少し述べましたが、メガネとコンタクトレンズには、それぞれに利点があって、またそれぞれに欠点もあるのです。
それをよく比較したうえで、あなたにはどちらが良いのか選ぶ必要があると思います。


ただし、コンタクトレンズを装用することになったとしても、外すときはあると思いますので、必ずメガネは必要となってきます。
ですからコンタクトをしている人には、どちらにしてもメガネは必須ですね。


メガネの特徴からまず考えてみましょう。


メリットとしては、コンタクトレンズに比較して、価格が安いことが挙げられます。
もちろん、メガネを壊してしまう場合は別ですが。


そして、レンズの入れ替えが簡単にできます。
屈折の状態は変わっていきますので、度数の替えができるというのは、便利なことですよね。


また、掛けはずしがしやすいです。「ちょっと外しておいておく」ということがメガネでは可能となります。
簡単に言えば、メガネはコンタクトレンズよりも安く(通算して考えれば)、手入れが簡単、そして目に直接入れるわけではないので安全、ということです。


メガネに関するのメリットは上記で説明しましたが、では逆にメガネのデメリットはどこにあるのでしょうか。


まず、メガネは外見の問題もあるかもしれませんね。
最近では、メガネのデザインも豊富に取り揃えてあるので、自分の合うメガネの形はいくつもあると思いますが、結構値段がネックになる場合もあります。


また、スポーツの時にメガネをかけては、激しい動きができません。
そして、これは誰にでもあてはまるわけではありませんが、右と左の度数が大きく違う人は、メガネをかけるとまっすぐ歩けなかったりします。
そんな人には、メガネはあまりおすすめできません。


わかりやすく言えば、右は1.5見えるのに左は0.06くらいしか見えないような人です。
このようなタイプの人は、メガネ使用は難しいでしょう。


視界がコンタクトレンズと比較すると狭くなってしまう点も、メガネのデメリットとしてあげることができます。

この記事のカテゴリーは「コンタクトのメリットとデメリット」です。

コンタクトレンズとメガネを比較した使用上のメリットとデメリット、視界の広がり方や日常生活への影響、レンズの誕生と開発の原理についての分かりやすいまとめはこちらです!!

関連記事

コンタクト使用におけるデメリットとは

では、コンタクトレンズはメガネと比較してみると、どうでしょうか。 まず、メリットを挙げてみたいと思います。 第一には、若い女性ならば誰でも気になる外見上の問題があると思います。 メガネならば化粧をした...

メガネとの比較と視界の違いについて

歴史のところで少し述べましたが、メガネとコンタクトレンズには、それぞれに利点があって、またそれぞれに欠点もあるのです。 それをよく比較したうえで、あなたにはどちらが良いのか選ぶ必要があると思います。 ...




コンタクトレンズで起こる病気と治療法

コンタクトレンズの障害と注意点

コンタクトレンズの歴史と寿命

コンタクトレンズの種類と特徴

コンタクトレンズのお手入れ方法

コンタクトレンズの比較と処方手順

コンタクトのメリットとデメリット