コンタクト使用におけるデメリットとは【コンタクトのメリットとデメリット】

Top >  コンタクトのメリットとデメリット >  コンタクト使用におけるデメリットとは

コンタクト使用におけるデメリットとは

では、コンタクトレンズはメガネと比較してみると、どうでしょうか。


まず、メリットを挙げてみたいと思います。
第一には、若い女性ならば誰でも気になる外見上の問題があると思います。
メガネならば化粧をした時に、どうしても鼻のあたりが落ちやすくなります。


メガネのデメリットとは逆に、左右の度数が極端に違う人でも使えます。
そして視界も広くなりますね。
私もコンタクトレンズを装用して一番に感じたことは、「わ~っ!周りまで首を回さなくても良く見える!」ということでしたよ。


また、字やもののゆがみがなくなる、ということもあるようですね。乱視の矯正も可能になります。


では、コンタクトレンズのデメリットは、どのような点があるのでしょうか。
これも、メガネとは逆の部分がデメリットとなりますね。


とにかく、コンタクトレンズよりメガネはお金が掛かってしまいます。


近年では使い捨てのコンタクトレンズはメーカーによっても違いますし、今は激安のものも出ているようです。
とはいえ、平均して年間で6万円ほどはかかるのではないでしょうか。
乱視用の使い捨てコンタクトレンズは、さらに値段が上がります。


ハードレンズは、購入に5万円ほどかかって、耐用年数は2年と言われています。
でもお手入れの方法によっては、もっと長持ちするでしょう。


現に私は眼科に定期的に通っていますが、耐用年数がたった今でも、使用は可能だと先生から言われています。


普通のソフトレンズは、やはり6万円ほど購入にかかって、耐用年数は1年です。


そして、手入れが面倒です。
このお手入れを怠ると、直接目に装用するものですから、角膜などに異常が発生する恐れもあります。


コンタクトレンズは目に入れるものですから、異物感を感じる場合があると思います。
それは、特にハードレンズの使用者に多いようですね。


他にも、充血したりしてしまうこともあります。
「目が乾きやすい」ということも、よく指摘されています。


メガネとコンタクトレンズを比較すると、このようなメリットやデメリットがあげられます。
あなたなら、視力をどちらで矯正したいと思いますか?

この記事のカテゴリーは「コンタクトのメリットとデメリット」です。

コンタクトレンズとメガネを比較した使用上のメリットとデメリット、視界の広がり方や日常生活への影響、レンズの誕生と開発の原理についての分かりやすいまとめはこちらです!!

関連記事

コンタクト使用におけるデメリットとは

では、コンタクトレンズはメガネと比較してみると、どうでしょうか。 まず、メリットを挙げてみたいと思います。 第一には、若い女性ならば誰でも気になる外見上の問題があると思います。 メガネならば化粧をした...

メガネとの比較と視界の違いについて

歴史のところで少し述べましたが、メガネとコンタクトレンズには、それぞれに利点があって、またそれぞれに欠点もあるのです。 それをよく比較したうえで、あなたにはどちらが良いのか選ぶ必要があると思います。 ...




コンタクトレンズで起こる病気と治療法

コンタクトレンズの障害と注意点

コンタクトレンズの歴史と寿命

コンタクトレンズの種類と特徴

コンタクトレンズのお手入れ方法

コンタクトレンズの比較と処方手順

コンタクトのメリットとデメリット