コンタクトレンズの利便性【コンタクトレンズの歴史と寿命】

Top >  コンタクトレンズの歴史と寿命 >  コンタクトレンズの利便性

コンタクトレンズの利便性

一般的に、コンタクトレンズの役割は「近視の矯正のため」ではありますが、「屈折異常の矯正」とも言えるでしょう。


では「近視の矯正」と比較して何が違うのか、説明していきましょう。


屈折異常には、近視ももちろん含まれますが、その他に遠視や乱視があります(老視は少しおいておきます)。


目はカメラと同じような構造をしていて、外からの光をレンズである水晶体などで屈折させて、網膜にピントをあわせる仕組みになっています。
正常に焦点が結べたならば正視ですが、そうでない場合には屈折異常を起こしていると考えられます。


【近視】
近視は、光が網膜の前でピントを結んでしまうために、遠くのものがぼやけて見える状態のことを言います。
眼軸が長いという遺伝的な要因のこともありますが、一般的には屈折性近視のことが多いです。
近視は、凹レンズで矯正します。


【遠視】
近視と比較して逆の状態です。
具体的には光が網膜の後ろでピントを結んでしまうために、調節しないと遠くも近くもぼやけて見えてしまう状態のことを言います。


調節力があるうちは、水晶体の厚さを調節できるのですが、調節力がなくなると遠視が顕在化します。
遠視は、凸レンズで矯正します。


【乱視】
角膜などが正常な球面をしていないために、網膜に焦点が結べずに近くも遠くも見えにくくなることです。


乱視にも種類があり、光の屈折の大きさの角度によって分かれます。
これで調整が難しくなります。


【老視】
加齢とともに、水晶体の調節力が低下してしまい、近くのものがぼやけて見えにくくなります。
近くのものを見るときだけ、凸レンズで矯正していきます。
近視の人は、メガネをはずせば近くのものが見えるため、凸レンズを必要としないことがあります。


コンタクトレンズは、圧倒的に近視の矯正に用いられることが多いようです。

この記事のカテゴリーは「コンタクトレンズの歴史と寿命」です。

コンタクトレンズの痔名と耐用年数、レンズの開発における歴史と商品の進歩や視力回復の役割と利便性について理解して、ぜひとも実践して下さい!

関連記事

レンズで変わる耐用年数の違いとは

コンタクトレンズの耐用年数というのは、ハードコンタクトは2年ほどの年数だとされています。 一方のソフトコンタクトは、1~2年ほどの年数だと言われています。 またメーカーなどによって、耐用年数は少し違う...

技術の進歩と開発からの歴史

コンタクトレンズが誕生して、1930年代頃からは、ガラス製の物と比較しても更に装用感の良い、プラスティック製のレンズが開発されました。 といっても、開発された理由は戦争のために、戦闘機の風防に使われる...

コンタクトレンズの利便性

一般的に、コンタクトレンズの役割は「近視の矯正のため」ではありますが、「屈折異常の矯正」とも言えるでしょう。 では「近視の矯正」と比較して何が違うのか、説明していきましょう。 屈折異常には、近視ももち...

コンタクトレンズの原理とは

現在、日本でコンタクトレンズを利用している人は、約1500万以上もいると言われています。 あなたの周りにも、メガネをかけていないから視力が良いのかと思いきや、「実は目が悪くコンタクトを装用していた」こ...




コンタクトレンズで起こる病気と治療法

コンタクトレンズの障害と注意点

コンタクトレンズの歴史と寿命

コンタクトレンズの種類と特徴

コンタクトレンズのお手入れ方法

コンタクトレンズの比較と処方手順

コンタクトのメリットとデメリット