技術の進歩と開発からの歴史【コンタクトレンズの歴史と寿命】

Top >  コンタクトレンズの歴史と寿命 >  技術の進歩と開発からの歴史

技術の進歩と開発からの歴史

コンタクトレンズが誕生して、1930年代頃からは、ガラス製の物と比較しても更に装用感の良い、プラスティック製のレンズが開発されました。
といっても、開発された理由は戦争のために、戦闘機の風防に使われるものとして、プラスティック製のレンズは開発されたようです。


このプラスティック製の素材は、ガラス製のものが2~3時間程度しか使えなかったのと比較して、長時間の装用が可能になりました。
この当時のプラスティック製は、今のハードコンタクトと違って、もっと大きかったようですね。


技術が進歩してハードコンタクトは小さくなり、酸素を通さなかったものが、酸素透過性の高いレンズへと変わっていきました。


しかし、酸素の透過率が高ければ高いほどいいのかというと、そうでもありません。
変形する率なども高くなり、レンズが弱くなってしまうのです。
ですから、中程度の透過率のレンズが良いようですね。


そしてソフトコンタクトレンズも1970年代に開発されて、さらに利便性を求めて、使い捨てレンズやカラーコンタクトレンズが作られたのです。


ちなみに、コンタクトレンズの使用者の割合は、酸素を通さないハードコンタクトレンズが一番少ないです。
続いて、使い捨てコンタクトレンズ、通常のソフトコンタクトレンズ、そして一番多いのが酸素透過性のハードコンタクトレンズのようです。


使い捨ては便利で、ワンデータイプは安全性も高いのに、まだまだハードにかなわないのは、やはり値段のためのようですね。
装用感については、ハードコンタクトはソフトコンタクトと比較するまでもありませんが。

この記事のカテゴリーは「コンタクトレンズの歴史と寿命」です。

コンタクトレンズの痔名と耐用年数、レンズの開発における歴史と商品の進歩や視力回復の役割と利便性について理解して、ぜひとも実践して下さい!

関連記事

レンズで変わる耐用年数の違いとは

コンタクトレンズの耐用年数というのは、ハードコンタクトは2年ほどの年数だとされています。 一方のソフトコンタクトは、1~2年ほどの年数だと言われています。 またメーカーなどによって、耐用年数は少し違う...

技術の進歩と開発からの歴史

コンタクトレンズが誕生して、1930年代頃からは、ガラス製の物と比較しても更に装用感の良い、プラスティック製のレンズが開発されました。 といっても、開発された理由は戦争のために、戦闘機の風防に使われる...

コンタクトレンズの利便性

一般的に、コンタクトレンズの役割は「近視の矯正のため」ではありますが、「屈折異常の矯正」とも言えるでしょう。 では「近視の矯正」と比較して何が違うのか、説明していきましょう。 屈折異常には、近視ももち...

コンタクトレンズの原理とは

現在、日本でコンタクトレンズを利用している人は、約1500万以上もいると言われています。 あなたの周りにも、メガネをかけていないから視力が良いのかと思いきや、「実は目が悪くコンタクトを装用していた」こ...




コンタクトレンズで起こる病気と治療法

コンタクトレンズの障害と注意点

コンタクトレンズの歴史と寿命

コンタクトレンズの種類と特徴

コンタクトレンズのお手入れ方法

コンタクトレンズの比較と処方手順

コンタクトのメリットとデメリット